読書をする人だけがたどり着ける場所

著書:齋藤孝氏


一口に「読書」と言っても、様々な読み方があることに気づかされました。
どんな本を読もうか、それを選ぶために大きな書店で過ごすのは至福の時間です。
その時々の気持ち、心境によって、選ぶ本には理由があるものですが、
「テーマ」
「方向性」
を持たせることで、本を読むことの大きな目的である

「教養を身につけること」

に到達しやすいのだ、ということに気づきました。

著者が勧める
「特定分野の読書月間」
「特定作家の読書月間」
にチャレンジしてみたいと思いました。

また、相続相談に乗るときには、相談者の心に寄り添うことが必要です。
それができるかどうかが、相続コンサルタントとして必要な資質の一つでしょう。
どうすれば相談者の心に寄り添える相続コンサルタントになれるのでしょうか?
その答えのひとつは
「文学を読むこと」
です。
様々な登場人物の気持ちを想像し、いろんな人の立場に立ちながら読めるのが文学です。
そしてあるときには自分が主人公になった気持ちで物語に没入する。
胸に喜びや悲しみの感情をいつも感じることが、相談者の心の痛みを感じることに繋がります。
相談者の心の痛みを感じることが、相談者に寄り添う始まりとなるのです。

このように普段感じていることによく似たことが、本書には書かれており、膝を打つ思いで読みました。

ライブリッジ主催 各種セミナー・講座のご案内

ライブリッジでは現在、

「相続コンサルティングフィーの値付け設定事例」セミナー

の参加者を募集中です。

詳しくはこちらをご覧ください。

また、ライブリッジでは、あなたの相続ビジネスの段階に応じて選んで参加できる
各種セミナーや講座を開催しています。
ライブリッジ主催の各種セミナー情報はこちらをご覧ください。


◯ライブリッジのLINEアカウントの登録はお済みですか?
今後セミナーや勉強会、相続ビジネスに関する役に立つ話しなど、各種情報をお届けします!
LINEのお友達限定シークレットセミナーなども開催していきますので、まだ登録していない方は是非!

友だち追加

この記事を書いた人

ライブリッジ 代表 川口宗治

1973年富山県生まれ。
25歳から39歳まで14年間外資系生命保険会社でセールスとマネジメントに携わる。
2013年、40歳で独立し、ライブリッジ開業。
現在は「相続ビジネス成功プロデューサー」として相続ビジネスで成果をあげたい事業者にじわじわと確実に効果の上がる各種プログラムを提供している。
特に社員5人未満のスモールビジネスの方へのサポートが得意。
趣味はスキンケア、好きな飲み物はwhisky。