知識や経験「だけ」を武器にしてはいけないいくつかの理由③

2020年1月7日

【ライブリッジからのお知らせ】

こちらは2020年1月開催のセミナーです。
現在「早期申込特別割引」期間中。
関心のある方はこちらからお早めにお申し込みください。

移りゆく時代の中で

いつのときも、時代は大きく動いているものです。

私たちは、自分の仕事や役割、存在そのもの、社会へ提供する価値について、常に考えていなければなりません。

相続コンサルタントとして、社会にどんな価値を提供できるか、ということについて考えながら、

【専門知識や経験「だけ」を武器にしては勝てないいくつかの理由】

について明らかにしていく第3弾です。

「①AI技術の発達」はこちら

②「一問一答が最悪」はこちら

最悪な対応事例

相続発生前の「相続対策」に悩んでいるクライアントの多くは、自分が抱えている「本当の課題」に気づいていません。

例えば

「父が亡くなった後の相続税について心配だから相談に来ました」

という40代の相談者に対し、

「相続税の計算方法はこちらです、これに当てはめると相続税はかからないですね」

と答えてしまうと

「わかりました、ありがとうございます」

となります。

これが、前回のブログで書いた「一問一答が最悪」という内容の具体例です。

③クライアントの「本当に解決しなければならない課題」にアクセスする

もし、このクライアントの家族構成が、

「父は3回の結婚歴があり、自分は3回目の結婚で生まれた子であり、母親が違う兄弟姉妹があと3人いる」

という状況だったらどうでしょう?

このクライアントが抱えている本当の課題、クリアすべき課題は

「父が亡くなった時にいくらの相続税がかかるか?」

ではなく、

「父が亡くなった時にどんな問題が起きるのか?について早い段階で知っておくこと」

「その問題のうち、早めにクリアしておくべき問題について一刻も早く対応しておくこと」

になります。

最初にクライアントの相談を受ける人・ファーストコンタクトを受ける人には大きな責任があるのです。

一問一答してはいけないのです。

ではどのような対応が求められるのでしょう?

相続コンサルタントに求められる対応

相続相談のファーストコンタクトを受ける相続コンサルタントに求められる対応はとてもシンプルです。

それは

「どうしてそう思ったのですか?」

と聞くことです。そして

「現状を聞かせてください」

と質問を続けることです。

クライアントの家族構成を4世代聞き、最大限の想像力を持って現状把握をし、

クライアントのバックグラウンドを立体的に浮き上がらせるような様々な質問を繰り返すことで、

クライアントさえも気付いていない本当の問題にアクセスするのです。

相続コンサルタントの最大の役割は「問題明確化」

「相続コンサルタントの役割はクライアントの問題解決です。」

これは決して間違っていません。

しかし、問題解決よりももっと大切な役割があります。それは

問題明確化(=本当の問題を明確にすること)

です。

問題を明確にすることができれば、その問題を解決するために然るべき専門家と協業していく段階に入ります。

問題明確化がうまくできずに問題解決はできません。

相続コンサルタントにとって必要なのは

問題解決力<問題明確化

なのです。

これが、知識や経験「だけ」を武器位にしては勝てない最大の理由なのです。

※このシリーズはこの記事で終了です。2020年1月22日(水)に東京にて、

相続コンサルタントとして必要なこと全てを網羅したセミナー

「相続コンサルティング受注セミナー」<基礎編>

を開催します。(現在早期特別割引中です)

関心のある方はどうぞご参加くださいね。

 


ライブリッジ主催セミナー①のお知らせ
(2020年1月16日まで早期特別割引中)

相続コンサルティング受注セミナー<基礎編>

あなたには、このような悩みはありませんか?

「相続の勉強は人並み以上にしているのに売り上げが上がらない・・・」

「相続相談を無料ではなく有料で受けたいのに、どうやっていいのかわからない・・・」

「相続コンサルティングを有料で受注する方法が知りたいのに、学ぶ場がない・・・」

「保険や不動産の販売コミッションだけではなく、相続コンサルティングで報酬をもらう方法を知りたいのに、誰も教えてくれない・・・」

このなかの一つでも当てはまるなら、このセミナーは将来のあなたの仕事の仕方が大きく変わるくらい、とても役に立つものになるはずです。

(2020年1月16日まで早期特別割引中です)

詳しくはこちらをご覧ください。

<受講者の声>

「他のどこでも聞けない内容でした!」

「目からウロコが落ちまくりました!」

「私たちの役割は大きな意味があることに気づきました!」

など、学びと気づきが満載のこのセミナーに、どうぞご参加ください。

ライブリッジ主催セミナー②のお知らせ

【相続コンサルティングフィーの値付け事例セミナー】
(東京・大阪・Zoomにて受講できます)

2020年1月に
東京・大阪・Zoomにて開催します。

詳しくはこちらをご覧ください。

【相続ビジネスアカデミーをご存知ですか?】

相続ビジネスアカデミーは、
業界の最新情報と
成果・売上に直結するマーケティング手法を継続して学べる、
相続ビジネスに特化したオンラインプログラムです。
入会したら2つの入会特典をゲットできます。(期間限定です)

相続ビジネスアカデミーの詳細はこちら

ライブリッジ主催 各種セミナー・講座のご案内

ライブリッジでは、あなたの相続ビジネスの段階に応じて選んで参加できる 各種セミナーや講座を開催しています。
ライブリッジ主催の各種セミナー情報はこちらをご覧ください。


ライブリッジのLINEアカウントの登録はお済みですか?

今後セミナーや勉強会、相続ビジネスに関する役に立つ話しなど、各種情報をお届けします!

LINEのお友達限定シークレットセミナーなども開催していきますので、まだ登録していない方は是非登録してください!

友だち追加

この記事を書いた人

ライブリッジ 代表 川口宗治

1973年富山県生まれ。
25歳から39歳まで14年間外資系生命保険会社でセールスとマネジメントに携わる。
2013年、40歳で独立し、ライブリッジ開業。
現在は「相続ビジネス成功プロデューサー」として相続ビジネスで成果をあげたい事業者にじわじわと確実に効果の上がる各種プログラムを提供している。
特に社員5人未満のスモールビジネスの方へのサポートが得意。
趣味はスキンケア、好きな飲み物はwhisky。