あなたが相続ビジネスを志す理由は何ですか?

相続マーケティング研究所 むねお所長こと、
突然ですが、あなたの事業には「経営理念」がありますか?
今日は経営理念についてお話ししますね。

あなたの事業に経営理念はありますか?

さて、あなたの事業には経営理念がありますか?

企業理念、社是、スローガンなど、

多くの企業や組織で呼び方が異なっていますね。

私は22歳で社会人になってから、様々な企業の「企業理念」に興味を持ち、
書籍などで自分なりに学んできました。

理念が浸透している組織もあれば、その理念がお題目となってしまい形骸化している組織もあり、

それが社員や構成メンバーのコミットメントに大きな違いがあることは、
体験的によく知っていました。

それどころか、理念すらない、という組織もあるのに驚いたこともあります。

しかし、いざ自分が独立して経営者という立場になると、

自社の「経営理念」を作ることはとても難しいことだ、ということに気付きました。

2013年に独立してから数年の間、私自身が「理念を明確にしていない」という状態で経営をしていたのです。

経営理念を明文化するのは大変だ

そう、経営理念の大切さを語るのは簡単ですが、

実際に経営理念を作り、それを明文化することは簡単ではないんです。

私は独立以来「ひとりビジネス」をしていますので、

社員がいないことを言い訳にして、自社の経営理念を作ることから逃げていました。

これでいいのだろうか、とモヤモヤしていた私は、

「経営理念策定合宿」

という、中井隆栄先生のプログラムに参加して、経営理念作りに取り組みました。

2019年5月のことです。

経営理念とは何か?

経営理念とは何か。

世の中には様々な定義があるのですが、

私は中井先生が提唱する定義がとてもしっくりきたので、

ここで紹介しますね。

経営理念とは

・ミッション(使命)

・ビジョン(将来上)

・バリュー(価値観)

から成り立つものであり、その下の階層にあるのが

・経営戦略

・経営計画

・経営戦術

という位置関係です。

この中で唯一変わらないのが「ミッション(使命)」であり、

それ以外は状況や戦局、事業フェイズによって変わり得るものです。

経営理念があると迷わない

経営理念がはっきりと明文化されると、判断に迷いがなくなります。

実際に先日あった話ですが、

昔の知り合いから久しぶりに電話がありました。

「すごく利益の上がるビジネスの情報を仕入れたから、川口さんにも教えてあげます。
一度お会いして情報を提供しますよ。」

とのことでした。
私は電話で少し概要を聞きましたが、
その情報は私の理念の枠外のものだと分かったため、
私は1秒も迷うことなく断りました。

断り文句はズバリ、

「いい情報かもしれませんが私の理念に合っていないので、今回はお断りします」

というシンプルかつパワフルなものでした。

もしも私に理念というものがなく、お金儲けができればそれでいい、という考えでいたら、

もしかしたらその儲け話に乗っかっていたかもしれませんね。

(いや、乗ってない笑)

経営理念があると集中が進む

理念があることで、自分の事業領域をはっきりさせることができます。

「時間」「お金」「エネルギー」という、大切な限りある資源を分散させることなく、
決まったところに集中して投下することができます。

私たちスモールビジネスにとって、「集中」は何事においてもとても重要です。

限りある資源を然るべき領域に集中投下することで、
私たちは何かを成し遂げることができるのです。

あなたが相続ビジネスを志す理由は何ですか?

あなたが相続ビジネスを志す理由は何ですか?
あなたの心の中にきっとある、その理由をしっかりと見つめてください。
そしてできることなら言語化・明文化してください。
出来上がった文章は、どこかの誰かに採点してもらうためのものではありません。
業界の大御所に「合格点」をもらう必要など皆無です。
でも、世界でたった1人だけ、あなたが相続ビジネスを志す理由について、
納得して貰わなければならない人がいます。
それは
「あなた自身」
です。
あなた自身が偽りのない気持ちで、納得できる理由があるならば、
その理由が何であれ、
あなたの相続ビジネスは市場に認められ、
クライアントに求められることでしょう。
あなたが心を込めて相続ビジネスに向き合う限り、
私はあなたへ惜しみない応援を贈り続けます。

この記事を書いた人

川口 宗治

株式会社ライブリッジ代表取締役。
1973年富山県生まれ。
25歳から39歳まで14年間外資系生命保険会社で
セールスとマネジメントに携わる。
2013年、40歳で独立し、ライブリッジ開業。
現在は「相続マーケティング研究所 むねお所長」
として相続ビジネスで成果をあげたい事業者に、
じわじわと確実に効果の上がる各種プログラムを提供している。
特に社員5人未満のスモールビジネスの方へのサポートが得意。
18歳からアメフトを始め、44歳までの27年間現役を続行。
趣味は焚火、スキンケア、カメラ。好きな飲み物はwhisky。