SNSとブログ、どっちがいいのか問題2021パート②

前回、SNSとブログどちらがいいのか問題についてお話しをしましたが、
今回はその続編となります。

SNSとブログ、どっちがいいのか問題2021パート②

SNSとブログは役割が違うと言うお話を前回しました

そうです、SNSとブログは役割が違うのです。

SNSは拡散のメディア

ブログは蓄積のメディアと言われます

詳しくは前回のブログをご覧ください。

今日はこれはNG【ブログ編】についてお伝えします。

これはNG【ブログ編】

あなたはこのようなブログを見る事はありませんか?

・自分の話ばかりしているブログ

・お昼ご飯や飲み会のネタばかりあがっているブログ

・毎日投稿することが目的化してしまい、内容が薄いブログ

ブログはあなたの専門性を打ち出していくために
とても有効なメディアです。

そのためあなたが普段何をしているかや誰とご飯を食べたかと言う情報は、
あなたの専門性がフードコンサルタントや新しいお店を紹介する人でない限り、
あなたのブログに書くべき内容ではありません。

ブログを書く目的は人それぞれなので一概に良い悪いを判断することはできませんが、
あなたがブログを書くことでクライアントとの接点を作りたいと考えているなら、
ランチや飲み会、ペットの写真を載せるブログはやめましょう。

(あなたの日常やペットの話はSNSに書く方がいいです)

それではあなたのブログには何を書けば良いのでしょうか?

あなたのブログに書くべき内容

ここで考えて欲しいことがあります。
あなたは誰に向けてブログを書いていますか?

あなたのブログを読んでいるのはあなたの業界のあなたよりも優れた専門家ではなく、
お困り事を感じている一般の人があなたのブログを読むはずです。

そう考えると特別難しい事を考える必要はありません。

あなたが持っている知識や、
あなたが経験したことを
リアルタイムに書けばそれでいいのです。

そうすることで、
今その問題で困っている人が「たった1人でも」読んでくれればそれでいいのです。

あまり肩肘を貼らず、
今取り組んでいる仕事や、
あなたがその仕事に対してどう考えているかなど、
気楽な気持ちでまずはブログを書いてみてください。

ちなみに・・・
こう言ってはなんですが、
ブログを書き始めた当初からたくさんの読者がいるなんてことは
100%ありません。

「どうせほとんど読まれてないんだし」

と、気楽な気持ちで書いてください。

時間を見方につけるブログの隠されたメリット

ブログは質より量です。

たくさん書いていくうちに有益なブログが書けるようになります。

そしてブログには、隠されたメリットがあります。

あなたのブログはいつ読まれると思いますか?

ブログのいい点は、いちど書いたらそれがずっとインターネットの世界に残っていると言う事実です。

つまり、あなたのブログが読まれるのは、

今かもしれないし
3ヶ月後かもしれないし
1年後かもしれないし
5年後かもしれないのです。

相続に関して何らかのお困りごとを感じている人が、

ご縁があってであなたのブログにたどり着いたときに、

「私はこの問題を解決したいと思っているが、

このブログを書いている人は何年も前からこの問題に誠実に取り組んでいる専門家なんだな」

とあなたのことを信頼し始めるきっかけになるのです。

そしてその人があなたが書いた過去のブログを遡って読んだときに、

「この人はとても素晴らしい考え方の人だ」

「この人の言っていることや考え方に非常に共感できる」

と、ブログの文章を通して
あなた自身の人柄や
考え方を伝えることができるのです。

ブログは質より量

このように、ブログを蓄積していく事はあなたのお人柄や考え方仕事に対する取り組む姿勢などを、
多くの人に伝えていくことにもなります。

ですので一刻も早くブログを書き始めてください。

そして繰り返しになりますが、

質より量

の精神でたくさんのブログを書き溜めていってください。

そして書いたブログを恥ずかしがらずにSNSに発信してください。

これも前回のブログでお伝えしましたが、
SNSを発信する際は毎回ブログの告知ではなく、

仕事の事以外も含めたあなたの日常や、あなたの考えていることなどを、
気軽に発信していく内容を数多く投稿することをお勧めします。

SNSを開くたびにあなたから「ブログ読んでください!」の連発だと、
それを読んでいる人は辛いですからね。

いかがでしたか?

「SNSとブログ、どっちがいいの?」

と言う質問はとても多いのですが、
全く違う強みと目的がありますので、
ブログやSNSの特性をよく理解して、それぞれのメリットを生かした運用を心がけてください。


 

この記事を書いた人

ライブリッジ 代表 川口宗治

1973年富山県生まれ。
25歳から39歳まで14年間外資系生命保険会社でセールスとマネジメントに携わる。
2013年、40歳で独立し、ライブリッジ開業。
現在は「相続ビジネス成功プロデューサー」として相続ビジネスで成果をあげたい事業者にじわじわと確実に効果の上がる各種プログラムを提供している。
特に社員5人未満のスモールビジネスの方へのサポートが得意。
趣味はスキンケア、好きな飲み物はwhisky。