「選ばれる力」獲得実践会 for アカデミー(仮)開催のお知らせ

学校現場で働く教員のあたなにはこのような悩みはありませんか?

「本来やるべき仕事以外に忙殺されている」

「今後自分のやりたい仕事ができるかどうか不安」

「数年先の働き方のビジョンが見えない」

「このまま教員という仕事を続けていいのだろうか?」

「もっと自分らしさを発揮できる仕事がしたい」

「やりたい仕事に恵まれるチャンスが欲しい」

「未来から選ばれる存在になりたい」

「でもどうやっていいかわからない」

このなかの一つでも当てはまるなら、非常に役に立つ情報となりますので、このご案内を最後までご一読ください。

将来のあなたの仕事、働き方、生き方にとても大きなヒントを見つけるきっかけになるかもしれません。

◆もし「あなたの能力をウチで生かして欲しい」というオファーがバンバン入ったら・・・あなたはどう思いますか?

想像してみてください。

これから先、あなたの仕事がこのように変化したとしたらどう思いますか?

・ある大学から「あなたの専門性を当校でぜひ発揮して欲しい」と相談が入る

・「信頼できる人から『その分野ならこの人が一番だよ』と聞いてあなたにご連絡しましたが、
教えていただくためにいくら必要ですか?」
とメールや電話が入る

・業界団体や企業から「講演を有料でお願いしたい」と連絡が入る

・業界団体や企業から「あなたの専門性をお貸しいただきたいので、有料でアドバイザリー契約を結ばせて欲しい」とオファーが入る

・あなたの専門性を生かした唯一無二の存在として仕事ができる

・硬直化した学校組織の中に囚われず、自由な立場で仕事ができる

・その結果、自分の時間と家族の時間が増える

こんな状態になったら、あなたの毎日は今以上に楽しくなって、ワクワクする未来が訪れると思いませんか?

◆ご挨拶

申し遅れました、私はライブリッジ代表の川口宗治です。
職業は「相続ビジネス成功プロデューサー」です。
え?
そんな職業知らない?
それもそのはずです。
この職業は私が「自らクリエイト」した職業で、
日本はおろか世界中でただ一人しかやっていない職業ですから。

少し長くなりますが、私が相続ビジネス成功プロデューサーとして現在の立ち位置を獲得した物語(実話)をお聞きください。

相続ビジネス成功プロデューサー誕生秘話

私は1999年11月、25歳の時に外資系生命保険会社に入社し、13年10ヶ月生命保険業界に身を置きました。(そのうち6年10ヶ月は営業職、7年間は営業所長職を務めました)

2013年、外資系生命保険会社を退職。

2013年11月、約2ヶ月の準備期間を経て、
相続コンサルタント事務所「ライブリッジ」を富山県富山市に開設。

生命保険から相続の世界へ。
「相続コンサルティング」
という、当時は珍しすぎる概念を実現することを夢見て独立を果たしました。

約14年間培った生命保険の営業パーソンとしての実績は一切捨てて、
生命保険の販売をしない、相続の相談やコンサルティングのみでの事務所運営を標榜してのスタートでした。
これは当時の業界の常識からは大きくかけ離れた行為でした。

あの時、私の知り合いはほとんど全て、

「そんな夢のようなことをいうのは辞めておけ」
「大人しく保険売ってりゃいいんじゃないの?」
「東京や大阪ならまだしも、地方では相談にお金払う人なんていないからね」
「ちょっと何いってるのかわからない」

という温かい(?)助言をいただきながらのスタートでした。

独立した後しばらくしてから起きた「不思議なこと」とは?

独立当初はなかなか上手くいきませんでした。
どころが2016年ごろから突如として相続コンサルティングの依頼が増えてきました。

それ以降はとても忙しい日々が続きました。
平日も休日も、朝も昼も夜もクライアントの要望でコンサルティングの仕事が入ります。
独立するときに夢見ていた、コンサルタントとしての仕事が上手く行き始めたことに、
私はとても嬉しい思い出日々仕事をしていました。

そんな日々がしばらく続くと、不思議なことが起き始めました。

「川口さんがやっていることって素晴らしいですよね」
「どうやって仕事を進めているか、今度教えてください」
「そもそもクライアントを獲得してるんですか?
「集客方法は?」
「セミナーの開催について注意することは?」
「どうやったら川口さんのような相続コンサルタントになれますか?」

このような質問が多く寄せられるようになりました。
(そしてその質問をした人の中には、独立当初私に温かい(?)忠告をしてくれた人たちもたくさん含まれていました)

なぜこのようなことが起きたのか、最初は全くわかりませんでしたが、
あることがきっかけで私に質問が寄せらるに至った理由がはっきりわかりました。

その理由とは・・・

専門性を高めることと別のアプローチがある

独立以来、私は相続ビジネスのプロとして、専門性を高める努力を続けていました。
ところが、専門性をいくら高めてもなかなか顧客は増えませんでした。

しかも相続分野の専門家と言えば
・弁護士
・税理士
・司法書士
・行政書士
など、国家資格を持っている士業の人たちです。
その人たちに法律論でかなうはずもなく、私は途方にくれていました。
そんな時、私はマーケティングを学ぶ機会がありました。
マーケティングを学ぶことで、私は

「専門性の高さは顧客から選ばれる理由にはならない」

という衝撃の事実を知ります。
専門性を高めていっても、それだけでは顧客から選ばれない、ということです。

では、顧客から選ばれるには何が必要なのでしょうか?

明確な「選ばれる理由」が必要

当たり前の話に聞こえるかもしれませんが、誰かから選ばれるためには選ばれる理由が必要です。
そして私たちはその理由を明確にしておくことが必要です。
あなたが誰かに選ばれる時、その理由について自分で理解していますか?
あなたが選ばれる理由を理解し、明らかにすること。
そしてその理由を磨き、再現性が高い状態を作ること。
それを私は
「選ばれる力」
と呼んでいます。

私のケースで言うと、相続分野の専門性を磨く以外に「選ばれる力」を身に付けたおかげで、
私の力を必要とする人に見つけられ、指名されるようになったというわけです。

選ばれる力を伸ばせたのは川口が特別だったから?

「川口さんはもともと何かを持ってたんでしょ?」
「保険営業の経験があるからですよね」
「川口さんは特別なんですよ」
「私にはできません」

など、川口が選ばれる力を持つようになったのは川口が特別だったから、
と思われることが多々ありますが、本当にそうでしょうか?

答えは「NO」です。

なぜなら、選ばれる力とは先天的に備わっているものではなく、
後天的に獲得するものだからです。

選ばれる力を獲得するための大切なこと、

「他者との違いを明らかにし、その違いを価値に変換すること」

です。
それかできたら、専門性の高さだけに依らずに「選ばれる力」を獲得することができます。

一人では獲得できない「選ばれる力」

「他者との違いを明らかにし、その違いを価値に変換する」

文章にするとたった1行ですが、
これを実際に行うのは容易いことではありません。

私がこれを実行したときは、パーソナルブランディングの専門家を一定期間付けました。
そして数十万円というコストをかけて個別にコンサルティングを受けました。

プロを付けずに、自分一人でやろうとしていたら、私は今の立ち位置で自分らしさを発揮した仕事はできていません。

選ばれる力を獲得することは、一人では非常に困難なのです。

選ばれる力を獲得するにはセオリーと順番がある

一方、選ばれる力を獲得するためには、セオリーと順番があります。

セオリーと順番を守るのと、これらを守らずに我流で進めるのでは、
成果の出方に大きな違いが生じてしまいます。

一人では獲得できないのが選ばれる力。
セオリーと順番を守ることで獲得できるのが選ばれる力。

私は、選ばれる力を獲得したいと考える教員の方に、
仲間と一緒に、セオリーと順番を守って、選ばれる力を獲得してもらいたいと考え、

「選ばれる力獲得実践会 for アカデミー」

を開講することにしました。

選ばれる力を獲得するためのパートナー

先日、私が独立したときに頼りにしたパーソナルブランディングの専門家と久しぶりに情報交換をしました。

その人は私の現在の活躍をいつも見てくれていて、
私が選ばれ続けているのは正しいセオリーと正しい順番を守っているからだと教えてくれました。

その専門家は「みなみなおこ」さんです。

みなみさんと話すうちに、

「選ばれる力を獲得することは人生を変える力がある」

という確信を持ちました。

また、時を同じくして、公私共に仲良くしている大学教員の佐伯先生と情報交換をする機会がありました。

佐伯先生(40代男性)は某国立大学の准教授なのですが、ご自身の専門性の高さもさることながら、数々の企業とのジョイントベンチャーの実績がある先生です。

私は佐伯先生に企業とのジョイントベンチャーを成功させる秘訣を聞きました。
すると、佐伯先生が

「他者との違いを明らかにし、その違いを価値に変換した」

ということがわかりました。
そう、佐伯先生は「選ばれる力」を持った大学教員だったのです。

この「選ばれる力獲得実践会 for アカデミー」はみなみなおこさんと佐伯先生をパートナーに迎え、
選ばれる力を獲得したい教員の方を対象に開催することにしました。

「選ばれる力獲得実践会 for アカデミー」の内容とは?

選ばれる力獲得実践会 for アカデミーの内容についてお伝えします。

①【入会時】魅力再発見コンサルティング30min
実践会の座長の川口が、
他者目線で見たあなたの魅力・強みを再発見するコンサルティングを行います。
※入会時の魅力再発見コンサルティングは川口の本業・ライブリッジの個別コンサルティング(30分で20,000円+消費税)と同じクオリティで行います。
②【毎月】川口とみなみさん、川口と佐伯先生の対談動画(毎月2本配信)
選ばれる力を獲得するために大切なことを知ることができる動画を
毎月2本お届けします。(1本あたり20〜30分程度)
川口とみなみさんとの対談では選ばれる力を獲得するためのセオリーと順番についてお話しします。
川口と佐伯先生の対談ではl、選ばれる力を実際に生かしている事例を中心にお話しします。
机上の空論やどこかの本や動画の内容の受け売りではない、
生々しい経験とそこから得た学びを提供します。
入会後、過去動画は見放題となります。
③【毎月】「実践道場」と言う名のオンライングループコンサルティング参加権(毎月1回・60分)
毎月1回、日時を決めて60分間のグループコンサルを開催します。
毎月配信される動画を見て感じた疑問や、日々のチャレンジの中での課題について、
オンラインでの開催なので、全国どこからでも参加していただけます。
1ヶ月の動きを振り返り、いま直面している課題を解決し、次の1ヶ月のゴールセッティングを行う
「選ばれる力を獲得するための戦略会議」
としての時間を過ごすことで、目的地への到達スピードは何倍にも何十倍にもなるでしょう。
※参加できない方へは後日録画ムービーをプレゼントします。

◆運営者について 

「選ばれる力獲得実践会 for アカデミー」は、ライブリッジ代表で相続ビジネス成功プロデューサーの私・川口が塾長として運営を進めます。

パートナーとして、パーソナルブランディングの専門家のみなみなおこさんと、
国立大学准教授の佐伯聡史先生にご一緒していただきます。

私・川口は2013年に相続コンサルタント事務所を開設して以来、相続コンサルタントとしていろいろなチャレンジをしてきました。

積んでは崩し、崩しては積み上げ、数多くの失敗を繰り返しながらも幾つもの成功事例を体験することができました。

また独立当初は選ばれる力を獲得するために必要な知識も経験もなかったので、
いろんな書籍やDVD、役に立つと思われるセミナーや講演に参加するために、文字通り日本中を駆け回りました。

投資した費用の合計は一千万円をはるかに超えています。
(中には4日間で60万円を超えるセミナーにも何度も参加しました)

そうして選ばれる力を少しずつ獲得していきました。

数年間の日々を経て、相続コンサルタントとしてのビジネスが軌道に乗るようになりました。

選ばれる力を得ることができた現在では、自分らしさを前面に押し出して、自由な働き方ができています。

会費について

私・川口は前述のとおり、これまで一千万円以上を投じて、
「選ばれる力を獲得するために必要なこと」を学んできました。

またパートナーのみなみさんや佐伯先生も、多くの時間とお金とエネルギーを投入した結果、
現在のご活躍があります。

この実践会は私たち3人の学びと経験、そして様々な実践の結果「これは必ず役に立つ!」と断言できるものを惜しみなく提供する場です。

また私・川口は、普段有料でセミナーや講演や研修をしていますが、だいたい1時間あたり5万円〜10万円の報酬を頂いています。

本業である相続ビジネスに関する個別相談・個別コンサルティングは1時間4万円でお受けしています。

今回の実践会のスタートにあたり、毎月の会費を検討する際に、ある経営コンサルタントに相談したところ、
内容とその価値、オリジナルの養成講座の開発に成功した際のベネフィットなどを考えて
毎月3万円程度の月会費の設定が妥当ではないか、という見解でした。

ただ、私の本業は相続ビジネス成功プロデューサであり、
この実践会ではゴリゴリに利益を追求する必要はありませんので、

 

入会金は10,000円(+消費税)、毎月の会費は5,000円(+消費税)

とすることにしました。

※この「選ばれる力獲得実践会 for アカデミー」の対象者は以下の通りです。

・選ばれる力を獲得して自分らしく働きたい教員の方

・毎日誠実に仕事をしている教員の方

・学校という組織に囚われずに活躍したい教員の方

です。
あなたと共に学び、共に成長できるのを楽しみにしています。

 

 

「選ばれる力獲得実践会 for アカデミー
申込フォームはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://ws.formzu.net/dist/S51373470/