職業としての相続コンサルタント

2019年6月22

【お知らせ】
ライブリッジでは現在、
「士業とのチームビルディングのポイント」セミナー
の参加者を募集中です。

関心のある方はこちらをご覧ください。


私は2013年11月に「相続コンサルタント」として独立しました。
当時は「相続コンサルタント」という言葉はかなりマイナーでした。
「相続コンサルタント」とインターネットで検索しても、ほとんど情報は出てきませんでした。
一体「相続コンサルタント」とはどういう職業なのでしょうか?

一般の人は「相続コンサルタント」についてどう思っているの?

時が流れて2019年の現在、相続コンサルタントという言葉は以前に比べて「聞いたことがある」「知っている」という方が増えてきました。
とはいえ、「職業としての相続コンサルタント」というと、まだまだ認知度は低いでしょう。
世間一般の人から見ると
「そんな職業があるんですか!?」
という世界です。
そうです、一般の人から見ると相続コンサルタントはかなりの希少生物。
いや、むしろ「まったく認識されていない」という見方の方が正しいかもしれません。

それでも確かに存在する「相続コンサルタント」という職業

一般の人たちからはまだほとんど、いや全くと言っていいほど認知されていない「相続コンサルタント」という職業ですが、ここ数年、その存在は増えています。
私自身が相続コンサルタントとして事務所運営を始めて6年目。
当時は
「士業の資格を持たないあなたに何ができる」
「生命保険を売らず、不動産の仕事もせず、どうやって食べていく」
と言われました。
全国的に見ても相続コンサルタントという人はほとんどいなかったでしょう。
しかし、2019年現在。
少しずつその存在が明らかになってきました。(UFOみたいな話になってきましたね笑)
実際、私の周りにも「相続コンサルタント」の役割を果たしている人が少しずつ、じわじわと、そして確実に増えてきました。

相続コンサルタントとはどういう存在か?

まだまだ一般の認知度が低い相続コンサルタントという職業。
相続コンサルタントという職業の「定義」もまた、まだまだ固まっていません。
このような状況で、私たち相続コンサルタントは
「我々はどのような存在か?」
「どのような役割を果たすべきか?」
「持つべきモラルは?」
「守るべきコンプライアンスは?」
「誰を幸せにするのか?」
という壮大な命題に立ち向かい、同じ志を持つ仲間同士で誠実な議論を重ね、そして真理を追い求めていく。
今、我々はそのような状況にあります。

時代が相続コンサルタントという役割を求めている

私は「相続の当事者になった時にとても困ってしまう」という人をたくさん見ています。
また、家族や親類の死(=相続の発生)をきっかけに、それまでいい関係だった人と争いごとが起きてしまった、という事例もたくさん見ています。
これからの日本では、残念ながらこのような人は急激に増えていくことが予想されます。
私たち相続コンサルタントは、そうなってしまう原因・経過がとてもよくわかります。
時計の針を戻せるなら、あの日、あの時、「このようにしておけば将来の相続は上手くいったのに」という解決策を持っています。
私たち相続コンサルタントは、
「相続における争いごとを未然に防ぐためにできることがある」ということを理解しているのです。
もちろん、私たち相続コンサルタントが介在したら瞬時に全ての問題が解決するかというと、そうではありません。
しかし、
「人間は誰しも、家族や親類と争いごとを起こしたい人はいない」
ということを、私たちは信じています。
私たちは、
「いつかの自分の満たされない気持ちが何十年も消化されずにいたために、このような行動を取ってしまった」
という、自分でも気づいていない気持ちを誰かに気づかせてもらいたいと感じるのもまた人間だ、ということを知っています。だからこそ、相続の現場に
「笑顔の相続を迎えるために然るべき役割を果たす人」
が必要なのです。
それは時代が求めていることであり、その人を「相続コンサルタント」と呼ぶのだと、そう理解しています。

相続コンサルタントという職業

相続コンサルタントという職業はとても将来性のある職業です。
多くの人に望まれ、求められ、認められ、感謝される。
誰かが誰かを大切に思う気持ちに焦点を当て、人の喜びを我が喜びとできる、素晴らしい職業です。
相続コンサルタント。
私はこの職業を、役割を、信じます。

※弊社主催で士業とのチームビルディングのポイントについてのセミナーを開催します。

関心のある方は下記リンク先をご覧ください。↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【相続コンサルタントのための「士業とのチームビルディングのポイント」セミナー】開催のお知らせ


ライブリッジ主催 各種セミナー・講座のご案内

ライブリッジでは現在、

「士業とのチームビルディングのポイント」セミナーの参加者を募集中です。

詳しくはこちらをご覧ください。

また、ライブリッジでは、あなたの相続ビジネスの段階に応じて参加できる
各種セミナーや講座を開催しています。
ライブリッジ主催の各種セミナー情報はこちらをご覧ください。


◯ライブリッジのLINEアカウントの登録はお済みですか?
今後セミナーや勉強会、相続ビジネスに関する役に立つ話しなど、各種情報をお届けします!
LINEのお友達限定シークレットセミナーなども開催していきますので、まだ登録していない方は是非!

友だち追加

この記事を書いた人

川口 宗治

株式会社ライブリッジ代表取締役。
1973年富山県生まれ。
25歳から39歳まで14年間外資系生命保険会社で
セールスとマネジメントに携わる。
2013年、40歳で独立し、ライブリッジ開業。
現在は「相続マーケティング研究所 むねお所長」
として相続ビジネスで成果をあげたい事業者に、
じわじわと確実に効果の上がる各種プログラムを提供している。
特に社員5人未満のスモールビジネスの方へのサポートが得意。
18歳からアメフトを始め、44歳までの27年間現役を続行。
趣味は焚火、スキンケア、カメラ。好きな飲み物はwhisky。