ライバルの動きが気になってしょうがないなら

むねお所長
むねお所長
“ 相続ビジネスはマーケティングでうまくいく!”

『相続マーケティング研究所』むねお所長こと、
株式会社ライブリッジ 代表の川口宗治
です。

あなたは同業者の動きが気になる方ですか?
それとも全然気になりませんか?
むねお所長は全く気にならない方です。
いや、正確にいうと、
「以前はとても気になっていたが、今は全く気にならなくなった」
が正解です。
ライバルの動きが気にならなくなるための方法をお伝えしますね。

ライバルの動きが気になる人は・・・

「同業のあの人の動きが気になる」

「あの人がやっているセミナー、私の方が先にやってたのと同じでズルい」

そのような声を聞くことがあります。

ズバリいうと、そのように言う人は自分の事業をしっかり考えていない人です。

どういうことかというと、

「自社のサービスを提供するのはこのような人」

という、自社が貢献できる顧客像を明確にしていない人です。

マーケティングを学ぶと必ず出てくるのが

「ペルソナ」

「パーフェクトカスタマー」

という考え方。

特にスモールビジネスの我々は、

「誰でもいいから顧客になってほしい」

という姿勢では、誰からも選ばれません。

むしろ、

「このような人こそ当社のサービスを受けるにふさわしい人だ」

という、理想の顧客像を明確に設定しなければなりません。

自社にふさわしい理想の顧客像が明らかになっていれば、

ライバルの動きは気にならないものです。

こんな助言は盛大に無視していい

むねお所長が独立する前のサラリーマン時代を過ごした保険会社に、

このような社員がいました。

「あなたような未熟な人が◯◯のマーケットで仕事をすると、

当社の信用が落ちるので、もうちょっとちゃんと勉強してほしい。

できることならそのマーケットから撤退してほしい。」

と、新人営業パーソンにアドバイスをするのです。

一見するともっともらしいアドバイスに聞こえるかもしれませんが、

その裏には

「自分のライバルを減らしたい」

という気持ちが透けて見えました。

このように、勢いのある新人を業界の先輩が叩く、というのは、

どこにでもある話のようです。

ここでハッキリ言っておきますが、そのような助言は完全に&盛大に

「無視する」

のが正解です。 

マーケティングがわかるとライバルが気にならなくなる

当時はわからなかったことですが、

今ならわかります。

そんなことを言う人は

「マーケティングを知らない人」

です。

マーケティングがわかっていたら、こんなことは言うはずがないのです。

ライバルの動きが気にならないんです。

マーケティングがわかっている人は、

・まず自社のサービスのドメイン(領域)を明らかにし、

・サービスの内容を徹底的に言語化・定義づけをし、

・そのサービスによって助けになるクライアント像を明確にし、

・その人に自社の情報を届けるための方法を明らかにする

ということを考えます。

このような順番で明確に事業を作り込んでいくと、

あなたが無理に営業活動を行わなくても、

理想的な見込客の方からあなたのことを見つけて、あなたにコンタクトをとってくれるようになります。

このようにマーケティングが上手く回り始めると、ライバルの動きは全く気にならなくなるのです。

最後に

あなたの力を最大限発揮できるのはどのようなサービスですか?
それを必要とする人はどんな人ですか?
その人にどうやって見つけてもらいますか?
このシンプルな質問を考え続け、答えを求め続けることが、
成果が上がるマーケティングの第一歩です。
ライバルの動きが気になってしょうがないなら、それはマーケティング不足が原因ですので、
マーケティングを勉強することを強くお勧めします。
事業とはライバルを見るのではなく、クライアントの困りごとを見て行うものなのですから。
※相続分野のマーケティング=相続マーケティング®️について知りたい方は、
株式会社ライブリッジが提供する各種セミナーにご参加ください。

ライブリッジからのお知らせ

相続ビジネスのビジネスモデルについて学びたい、という相続パーソンのために、

ライブリッジでは2021年6月に

 

「相続パーソンのためのビジネスモデル丸わかりセミナー」

 

を開催します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関心のある方は詳細ページをご覧ください。

 

相続パーソンのための「ビジネスモデル丸わかりセミナー」

 

※このセミナーは定員制となっていますので、関心のある方はお早めにお申し込みください。

この記事を書いた人

川口 宗治

株式会社ライブリッジ代表取締役。
1973年富山県生まれ。
25歳から39歳まで14年間外資系生命保険会社で
セールスとマネジメントに携わる。
2013年、40歳で独立し、ライブリッジ開業。
現在は「相続マーケティング研究所 むねお所長」
として相続ビジネスで成果をあげたい事業者に、
じわじわと確実に効果の上がる各種プログラムを提供している。
特に社員5人未満のスモールビジネスの方へのサポートが得意。
18歳からアメフトを始め、44歳までの27年間現役を続行。
趣味は焚火、スキンケア、カメラ。好きな飲み物はwhisky。