全ては「顧客視点」で考えよ

むねお所長
むねお所長
『 相続ビジネスはマーケティングでうまくいく!』

相続マーケティング研究所 むねお所長こと、
株式会社ライブリッジ 代表の川口宗治
です。

2022年が幕を開けて「アッ!」という間に1.5ヶ月が過ぎようとしています。
今年に入ってから、

「いよいよ相続ビジネスの構築に積極的に取り組みたい」

という声を本当によく聞くようになりました。
多くの人が、既存のビジネスの繰り返しだけでは今後は先細るだろう、
と考えているようです。

だからこそ、相続分野での新規のビジネス展開を加速させたいと考えている、
保険パーソン・不動産・FP・士業の方などがとても増えていることを実感しています。

この記事を読んでいるあなたもその一人かもしれません。

コンサルティングフィーだけで事務所を運営するのは可能か?

相続分野で

「保険の販売をせず」
「不動産の免許を持たず」
「士業からのキックバックを一切もらわず」

に、コンサルティングフィーのみで事務所を運営していくことは可能でしょうか?
答えは

「YES」とも「NO」とも言える

です。
つまり、上手くいく人と上手くいかない人がいるのです。

目に見えないサービスを有料で提供する時に大切な3つこと

相続コンサルティングというものは「目に見えないサービス」です。
このような目に見えないサービスを有料で提供する時に大切なことが3つあるのを知っていますか?
それは

①あなたのサービスの本当の価値は何か?
→そのサービスの真価をしっかりと言語化し定義づけていること。

②あなたのサービスを一番必要としているのは誰か?(助けることができるのはどんな人か?)
→そのサービスを心から欲している人、そのサービスによって助けることができる像が明確になっていること。
マーケティング用語では「ペルソナ設定」といいます。

③どうやってあなたを見つけてもらうか?
→いいサービスでも、あなたという存在が必要な人に届かなければ「いない」のと同じ。

この3つについて真剣に考えることがとても必要です。
そして言語化・明文化して「スラスラと答えられる」ようになるレベルになったら素晴らしいですね。

多くの人が陥りがちな「自分目線」現象

実際に取り組んでみるとわかるのですが、この3つの質問に答えることはとても大変です。
特に取り組み始めた最初の頃は、

「自分目線現象」

が起きてしまいます。
「自分目線現象」とは、自分だったらこんなサービスがあったら絶対いいと思う!という考えで答えを出してしまうことです。

しかし、残念ながらあなたが考えた通りになることはあまりありません。
何故ならばビジネスで必要なのは自分目線ではなく「顧客目線」だからです。

全ては「顧客目線」で考える

ビジネスで大切なことは

「全ては顧客目線で考える」

ということです。
当たり前のことですが、世の中にはあなたのサービスを買ってくれる人と買ってくれない人がいます。
その時に、

「自分のサービスを買ってくれないのは客の方に問題があるからだ!」

というような発言をしている人がなんと多いことでしょう。
あなたがこのような残念な人になりたくないなら、常に顧客目線で考える必要があります。

「自分目線」から「顧客目線」に変わるには

クライアント目線が大切、とわかっていても最初はなかなか自分目線から脱却できません。
どうやったらクライアント目線でビジネスを考えることができるのでしょうか?
そのための一番の近道、それは

「顧客の声を聞くこと」

です。
顧客の生の声を聞き、自分目線の考えとの違いを認め、その違いを少しずつ埋めていく。
これが一番速く、一番パワフルな方法です。

顧客の声にしっかりと耳を傾け、いいサービスを作り込んでください。

ライブリッジからのお知らせ①

相続ビジネスのビジネスモデルについて学びたい、という相続パーソンのために、

ライブリッジでは2022年2月に

「相続パーソンのためのビジネスモデル丸わかりセミナー」

を開催します。

関心のある方は詳細ページをご覧ください。

相続パーソンのための「ビジネスモデル丸わかりセミナー」

※このセミナーは定員制となっていますので、関心のある方はお早めにお申し込みください。

ライブリッジからのお知らせ②

相続の仕事で無理な売り込みをせずに顧客に選ばれる力を手に入れたい人を対象に、
株式会社ライブリッジでは
選ばれる相続コンサルタント養成講座
を開催しています。

現在は2022年4月に開講する【第20期選ばれる相続コンサルタント養成講座】の募集期間中です。
関心のある方は体験会へのご参加をオススメします。
詳細はこちらからどうぞ。
↓↓↓↓↓↓

【選ばれる相続コンサルタント養成講座:体験会】開催のお知らせ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: WP-13-1.png

この記事を書いた人

川口 宗治

株式会社ライブリッジ代表取締役。
1973年富山県生まれ。
25歳から39歳まで14年間外資系生命保険会社で
セールスとマネジメントに携わる。
2013年、40歳で独立し、ライブリッジ開業。
現在は「相続マーケティング研究所 むねお所長」
として相続ビジネスで成果をあげたい事業者に、
じわじわと確実に効果の上がる各種プログラムを提供している。
特に社員5人未満のスモールビジネスの方へのサポートが得意。
18歳からアメフトを始め、44歳までの27年間現役を続行。
趣味は焚火、スキンケア、カメラ。好きな飲み物はwhisky。