相続コンサルタントと専門家のチームの理想の姿

むねお所長
むねお所長
『 相続ビジネスはマーケティングでうまくいく!』

相続マーケティング研究所 むねお所長こと、
株式会社ライブリッジ 代表の川口宗治
です。

「専門家とのチームビルディング」

相続の仕事をしている人なら気になる言葉、考え方ではないでしょうか?

むねお所長は2014年に

「相続トータルサポート富山」

を設立し、代表に就任しました。

そして昨日2022/03/24、富山の地にて

相続トータルサポートサミット in 富山 2022

が開催されました。

今回の記事では昨日の

相続トータルサポートサミット in 富山 2022

の開催報告をしつつ、

士業など専門家とのチームビルディングの理想的な姿についてお話しします。

「相続トータルサポート富山」誕生物語

相続トータルサポート富山のメンバー

2013年、富山で相続コンサルタントとして独立・起業したむねお所長。

「富山の相続といえば川口!」
「相続のことは川口に相談すればなんとかなる」

と地元富山の相続シーンで一番頼りになる存在になりたいと思い、
日々奮闘していました。

が、・・・

気持ちはあってもどうやってそれを実現するか、
富山の相続の現場で自分にできることは何なのか、
自分でも明確な答えを見つけることができないまま、
半年が経ち、1年が過ぎようとしていました。

そんな時、 相続ビジネスのやり方を学べる勉強会(2日間)が東京で開催されるというニュースをキャッチしたむねお所長。

参加費用は交通費宿泊費などを含めると約20万円。

資金が潤沢ではない時期でしたが、
私はその勉強会に参加することに決めました。

その勉強会の講師が、相続トータルサポート関西の平井代表を始めとする専門家の面々。
内田税理士、和田土地家屋調査士、川村司法書士が講師として登壇してくれて、
相続ビジネスのノウハウについて惜しげもなく披露してくれました。

平井代表や内田税理士、和田土地家屋調査士、川村司法書士との出会い、
そして関西で「相続トータルサポート関西」という専門家チームを作って活動していることを知ったことは、
当時の私には衝撃でした。

平井代表に出会ったその日に、

「富山にも相続トータルサポートチームを作りたいです。
同じ名前で富山で活動してもいいですか?」

と申し出ました。

平井代表は優しい笑顔で
「同じ志でやってくれる仲間ができるのはとても嬉しいことや。
何かあったらいつでも連絡しておいで」

と言ってくれました。

その日から富山で相続の専門家の税理士、司法書士、行政書士、遺品整理・生前生理の専門家、不動産業、FPのチームビルディングをスタートさせ、
約1ヶ月後の2024年11月に相続トータルサポート富山が誕生しました。

全国に拡がり始める「相続トータルサポートグループ」

相続トータルサポート富山は富山の相続問題の駆け込み寺として、
地元富山の皆さんに徐々に浸透していきました。
2014年に相続トータルサポート富山ができてから、

■相続トータルサポート石川(since2015)

■相続トータルサポート糸魚川(since2017)

■相続トータルサポートぎふ(since2020)

■相続トータルサポート島根(since2021)

■相続トータルサポート信州(since2022)

と全国に仲間が増え始めています。

相続トータルサポートサミット2022 in 富山

サミットの様子

そんな中、相続トータルサポートサミット2022 in 富山が開催されました。
このサミットは

①全国の仲間の活動のシェア
②最近仲間に加わったメンバーを既存メンバーに紹介
③今後の相続トータルサポートグループの方向性
④最新の相続業界の動きの共有

という4つの 目的がありました。

富山の現地に来てくれて参加してくれたメンバーと、
Zoom参加のメンバー合計24人でのサミットとなりました。

参加者のエリアは大阪、富山、石川、島根、長野、千葉、福岡など、
全国に及びます。

現在相続トータルサポートグループのメンバーがいないエリアについても、
今後希望者がいれば相続トータルサポート〇〇という形で仲間が増えていくことでしょう。

※相続トータルサポートグループに関心のある方は、
こちらからむねお所長にご連絡ください。

3時間という短い時間でしたが
とても有意義な時間を過ごすことができました。

専門家との理想のチームビルディングの姿とは

サミット終了後に記念撮影

サミットには多くの相続コンサルタントと弁護士・税理士・土地家屋調査士・司法書士・行政書士などの士業が参加しました。

相続コンサルタント、士業、ともに共通して言っていたのは

「価値観を共有できる仲間と組む」

ということ。

相続コンサルタントと士業、それぞれが、それぞれのことを理解し、
お互いの存在についてリスペクトしあう。
そして一緒にクライアントのために役割を果たし合う。

これぞ理想的なチームの姿だよね、とみんなで確認しあえた、
とても有意義な機会でした。

まとめ

相続の仕事は一人では何も解決しません。
だからこそ、専門性を持ち寄り仲間とともにクライアントさんのサポートをしていくことが求められます。
ワンストップで色々な専門家と繋がれるプラットフォームは、クライアントからみたらとてもありがたい存在です。
そのチームの構成メンバーであることは、相続パーソンがクライアントから選ばれる理由になります。

あなたも価値観の合うメンバーと、相続の専門家チームを作ってみてください。

ライブリッジからのお知らせ①

クライアント本人登場型セミナー
【私が相続コンサルティング契約を結んだ本当の理由】

むねお所長のクライアント本人が登場するセミナーが開催されます。
相続コンサルティング契約を、
実際に有料で契約したクライアント本人に、

・なぜ相続コンサルティング契約を結んだのか?
・相続コンサルタントに期待することは何か?
・無料アドバイスではなく有料でアドバイスを受ける理由は?

など、クライアントの頭の中で考えていることを実際に覗き込むことができる
またとない機会です。

詳細・お申し込みはこちらからどうぞ。
↓↓↓↓↓↓

クライアント本人登場型セミナー
【私が相続コンサルティング契約を結んだ本当の理由】

ライブリッジからのお知らせ②

相続の仕事で無理な売り込みをせずに顧客に選ばれる力を手に入れたい人を対象に、
株式会社ライブリッジでは
選ばれる相続コンサルタント養成講座
を開催しています。

現在は2022年4月に開講する【第20期選ばれる相続コンサルタント養成講座】の募集期間中です。
関心のある方は体験会へのご参加をオススメします。
詳細・お申し込みはこちらからどうぞ。
↓↓↓↓↓↓

【選ばれる相続コンサルタント養成講座:体験会】開催のお知らせ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: WP-13-1.png

この記事を書いた人

川口 宗治

株式会社ライブリッジ代表取締役。
1973年富山県生まれ。
25歳から39歳まで14年間外資系生命保険会社で
セールスとマネジメントに携わる。
2013年、40歳で独立し、ライブリッジ開業。
現在は「相続マーケティング研究所 むねお所長」
として相続ビジネスで成果をあげたい事業者に、
じわじわと確実に効果の上がる各種プログラムを提供している。
特に社員5人未満のスモールビジネスの方へのサポートが得意。
18歳からアメフトを始め、44歳までの27年間現役を続行。
趣味は焚火、スキンケア、カメラ。好きな飲み物はwhisky。