「士業の知り合いが少ない」と不安を感じているあなたへ

むねお所長
むねお所長
『 相続ビジネスはマーケティングでうまくいく!』

相続マーケティング研究所 むねお所長こと、
株式会社ライブリッジ 代表の川口宗治
です。

税理士・行政書士・司法書士・弁護士・不動産鑑定士・土地家屋調査士・社会保険労務士・・・
相続の現場では様々な専門家がいます。

それぞれの領域があり、国家資格を持っていないとやってはいけない専門業務が多々あります。

いわゆる「士業(しぎょう)」と呼ばれる人たちです。

私も仕事柄いつもお世話になっていますし、毎日確実になんらかの案件で士業の方との連絡をとっています。

今現在、私は地元の富山だけでなく全国に「士業」の知り合いがたくさんいます。
数を数えたことはありませんが、電話やメール、slackなどでいつでも連絡が取れる士業の方は全国に100名以上います。

さて、ここであなたに質問です。
私はいつからたくさんの士業とのつながりができたと思いますか?
具体的には相続コンサルタントとして開業した2013年、むねお所長に士業の知り合いが何人いたと思いますか?

あなたがもし「士業の知り合いが少ない」と悩んでいるなら、
この記事はとてもためになりますので、
どうぞ最後まで読んでくださいね。

独立前から「相続案件」を数多く経験していた・・・訳じゃない

私は開業前の約14年間、外資系生命保険会社で勤務していました。
そのうち7年間は営業マン、残りの7年間は営業所長として過ごしました。

「川口さんは前職時代から『相続案件』を数多くこなしていて、相続に強い保険マンだったから独立したんでしょう?」

とよく聞かれますが・・・

答えは「NO」です。
私は保険会社勤務時代、いわゆる相続案件を手がけたことはほとんどありませんでした。

FPなどの資格に合格するための「机上の学習」のおかげで一通りの知識はありましたが、
現場でそれを活かした経験は皆無と言ってもいいほどでした。

そんな状態で独立を決意したのです。
しかもその時の私の士業の知り合いの人数は、といえば・・・

独立時の士業の知り合いは、たった「◯人」

独立時の私の士業の知り合いは

・税理士:2名
・行政書士:1名
・それ以外の士業の知り合い:0人

なんと合計:3名でした。

税理士2名のうちの1名は、当時の確定申告をお願いしていた方であり、相続の話はしたこともありませんでした。
もう1名の税理士さんは相続診断協会北陸支部の櫛田支部長(当時)に紹介していただいて、
少し仲良くなり始めたころでした。
また唯一の行政書士の知人は以前「保険会社の後輩営業マンの見込み客」(セールスはうまくいかず)という関係で一度名刺交換させていただいただけの方であり、
相続関係の案件でご一緒したことはありませんでした。

独立当時の士業の知り合いの人数はたった「3人」。

しかもそのうち、相続関係でコミュニケーションがとれる人は「たった1名」という状態でした。

相続コンサルタントとして独立してから劇的に増えた士業の知人

相続コンサルタントとして独立してから、
生命保険会社勤務時代はご縁がなかった士業の方との接点が増えました。
劇的に士業とのつながりが増えてきたのです。

中には私のブログ(2013年の独立直後からアメブロ をスタートさせていました)を毎回読んでくれていた、
お会いしたことのない税理士の方が

「『相続税だけではない相続対策』についてご教示願いたいのでぜひお会いして教えていただきたい」

というメッセージをくれ増田。
それがきっかけで今では信頼するビジネスパートナーとしてご一緒いただいています。

先日は西日本のある相続パーソンの方から弁護士の方をご紹介いただき、
Zoomにて面談。
お互いの仕事についてとても興味深く情報交換し、
近いうちに富山でお会いすることになりました。

これからも全国の士業の先生方との接点は増え続けていくことでしょう。

「ポジショニング(=立ち位置)を変えただけで

生命保険会社時代に3人(実質1人)しかいなかった士業の知り合いが、
なぜ相続コンサルタントとして独立してから激増したのでしょうか?
その理由はいくつかありますが、一番大きな理由は

「ポジショニングを変えたこと」

です。つまり、

「生命保険会社の営業マン→相続コンサルタント」

へのポジションチェンジをしたことが最大の理由なのです。
現在、

「保険営業マンはできれば知り合いになりたくないが、相続コンサルタントとは知り合いになりたい」

と考える士業がとても多いのを知っていますか?

相続コンサルタントは士業が何を求めているか、士業の方にどのような価値を提供できるか、それを考えて、

「自分にしか果たせない役割」

を見いだすことができれば、士業に求められ、士業と良好な関係を築くことができます。

あなたも「自分にしか果たせない役割」を見つけ、士業の皆さんと円滑な関係を築き、
「相続コンサルタント」としての新たな仕事のステージで活躍してくださいね。

むねお所長が代表を務める相続トータルサポート富山の専門家の先生方とともに

ライブリッジからのお知らせ①

クライアント本人登場型セミナー
【私が相続コンサルティング契約を結んだ本当の理由】

むねお所長のクライアント本人が登場するセミナーが開催されます。
相続コンサルティング契約を、
実際に有料で契約したクライアント本人に、

・なぜ相続コンサルティング契約を結んだのか?
・相続コンサルタントに期待することは何か?
・無料アドバイスではなく有料でアドバイスを受ける理由は?

など、クライアントの頭の中で考えていることを実際に覗き込むことができる
またとない機会です。

詳細・お申し込みはこちらからどうぞ。
↓↓↓↓↓↓

クライアント本人登場型セミナー
【私が相続コンサルティング契約を結んだ本当の理由】

ライブリッジからのお知らせ②

相続の仕事で無理な売り込みをせずに顧客に選ばれる力を手に入れたい人を対象に、
株式会社ライブリッジでは
選ばれる相続コンサルタント養成講座
を開催しています。

現在は2022年4月に開講する【第20期選ばれる相続コンサルタント養成講座】の募集期間中です。
関心のある方は体験会へのご参加をオススメします。
詳細・お申し込みはこちらからどうぞ。
↓↓↓↓↓↓

【選ばれる相続コンサルタント養成講座:体験会】開催のお知らせ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: WP-13-1.png

この記事を書いた人

川口 宗治

株式会社ライブリッジ代表取締役。
1973年富山県生まれ。
25歳から39歳まで14年間外資系生命保険会社で
セールスとマネジメントに携わる。
2013年、40歳で独立し、ライブリッジ開業。
現在は「相続マーケティング研究所 むねお所長」
として相続ビジネスで成果をあげたい事業者に、
じわじわと確実に効果の上がる各種プログラムを提供している。
特に社員5人未満のスモールビジネスの方へのサポートが得意。
18歳からアメフトを始め、44歳までの27年間現役を続行。
趣味は焚火、スキンケア、カメラ。好きな飲み物はwhisky。