それ、上手くいかない方法じゃん!②

2020年2月12日

2013年に意気揚々と独立したある相続コンサルタント(私だ)が、
デビュー直後に約30人にアポイントをとって「営業」したものの、
誰からも相続コンサルティング契約をもらえなかったと言う話の続きです。

「それ、上手くいかない方法じゃん!」その1はこちら

連続30人に断られた経験でわかったこと

30人連続で営業が上手くいかないというのは、私にとって初めての経験でした。

独立前は14年間外資系生命保険会社でバリバリの営業マンだとの自負があっただけに、
それはそれはとてもショックでした。

何よりも当時はすでに私は毎月決まった日に給与が振り込まれるサラリーマンではありません。

自分で売上を上げなければいけないのです。

大きなショックを受けながらも、私は

「この経験から何を学ぶべきか?」

という視点で考えました。

すると見えてきたものがあります。

それが・・・

「相続対策」は人を説得しては売れない商品

30人連続で営業が上手くいかずに辿り着いた結論、それは

「相続対策」は人を説得して売れる商品ではない

という事実です。

生命保険ならば、

アポイントをとって、

生命保険の必要性を説いて、

人ごとではなくあなた自身の問題だと伝え、

今すぐ決断しないことのデメリットを伝える

ということを繰り返し行なえば、一定の確率で販売には成功します。

しかし、「相続対策」や「相続コンサルティング」はそうではないことがわかりました。

(明確な理由があるのですが、長くなるのでそれは別の機会に)

では、相続コンサルティングはどうすれば売れるのでしょうか?

「売る」のではなく「見つけてもらう」

相続対策や相続コンサルティングは、

必要性を感じていない人を説得して売る(=営業する)のがとても難しいサービスです。

それよりも、

「相続の悩みを抱えている人から見つけてもらい、選んでもらう」

ということでサービスが売れます。

今、自分の周りの人に

「相続対策、やりましょうよ!」

「いつか家族が大変なことになりますよ!」

と必死に「売る」ことをしている人(=独立当時の自分)には、ささやかながらこのようにアドバイスします。

「売ることに傾ける時間とエネルギーは、別のことに投資した方がいい」

「営業活動を頑張るより、選ばれる仕組みを作る方がいい」

【結論】相続コンサルタントに求められるのは、売る力ではなく「選ばれる力」です。

※選ばれる力を養いたい人は、ライブリッジが2月に開催する

「相続コンサルタントのためのビジネスモデル丸わかりセミナー」

にどうぞご参加ください。

選ばれる仕組み作りについて学ぶことができるセミナーです。

ライブリッジ主催セミナーのお知らせ

【相続コンサルタントのためのビジネスモデル丸わかりセミナー】
(東京・大阪・Zoomにて受講できます)

2020年2月に
東京・大阪・Zoomにて開催します。

詳しくはこちらをご覧ください。

【相続ビジネスアカデミーをご存知ですか?】

相続ビジネスアカデミーは、
業界の最新情報と
成果・売上に直結するマーケティング手法を継続して学べる、
相続ビジネスに特化したオンラインプログラムです。
入会したら2つの入会特典をゲットできます。(期間限定です)

相続ビジネスアカデミーの詳細はこちら

ライブリッジ主催 各種セミナー・講座のご案内

ライブリッジでは、あなたの相続ビジネスの段階に応じて選んで参加できる 各種セミナーや講座を開催しています。
ライブリッジ主催の各種セミナー情報はこちらをご覧ください。


ライブリッジのLINEアカウントの登録はお済みですか?

今後セミナーや勉強会、相続ビジネスに関する役に立つ話しなど、各種情報をお届けします!

LINEのお友達限定シークレットセミナーなども開催していきますので、まだ登録していない方は是非登録してください!

友だち追加

この記事を書いた人

ライブリッジ 代表 川口宗治

1973年富山県生まれ。
25歳から39歳まで14年間外資系生命保険会社でセールスとマネジメントに携わる。
2013年、40歳で独立し、ライブリッジ開業。
現在は「相続ビジネス成功プロデューサー」として相続ビジネスで成果をあげたい事業者にじわじわと確実に効果の上がる各種プログラムを提供している。
特に社員5人未満のスモールビジネスの方へのサポートが得意。
趣味はスキンケア、好きな飲み物はwhisky。