営業マンとコンサルタント、その分岐点は?

2020年9月16日

相続ビジネス成功プロデューサー川口宗治です。

1999年〜2013年までの間、私は外資系生命保険会社の社員として、生命保険の営業マンとして仕事をしていました。
2013年から2018年までは「相続コンサルタント」として仕事をしていました。
2018年以降は「相続ビジネス成功プロデューサー」という肩書きで仕事をしています。

この数年間で、私は自分の立ち位置を「営業マン」→「コンサルタント」に変えました。

「営業マン」と「コンサルタント」はどのような違いがあるか、あなたは分かりますか?

その違いと分岐点について、名著「7つの習慣」の記述に基づいて考察を進めます。

営業マンにも「段階」がある

「7つの習慣」にはこのように書かれています。

一口に「営業マン」と言っても、段階やレベルによって差があります。

①「普通の営業マン」

②「優れた営業マン」

③「真のプロフェッショナルな営業マン」

という、3つの段階があるのです。

それぞれの違いは何でしょうか?

①普通の営業マン

普通の営業マンとは

「ただ商品を売るだけ」

の人です。

このタイプの営業マンは、自分の仕事を「商品を売ること」と定義づけています。

②優れた営業マン

優れた営業マンとは

「顧客のニーズを満たし、問題を解決する方法を売る」

という人です。

どんな商品を取り扱うにせよ、顧客の困りごとを解決する手段として、商品を提供しています。

では、③真のプロフェッショナルな営業マンとはどんな人でしょうか?

③真のプロフェッショナルな営業マン

真のプロフェッショナルな営業マン、それは

「顧客のニーズに合わなければ、自社の商品を購入すべきではない」

と顧客に伝える誠実さを持ち合わせている人です。

そして更には、自社商品以外による顧客の抱える問題解決まで導く人です。

営業マンとコンサルタントの違い

上記の3つの段階のうち、①と②の段階にいる人はいわゆる「営業マン」です。

そして③の段階にいる人が「コンサルタント」です。

コンサルタントになったら、自社商品を扱わずとも、顧客の問題を解決できます。

問題を解決してくれた人=コンサルタントに、顧客は「コンサルティングフィー」という対価を支払います。

ですから

③真のプロフェッショナルな営業マン=コンサルタント

と言えるのです。

あなたは営業マンですか?コンサルタントですか?

これからはどの立ち位置でビジネスをしていきますか?

(この記事は2019年9月4日の記事をリライトしたものです)

Zoomで受講できるセミナーのお知らせ
【クライアント本人登場型セミナー】
私が相続コンサルティング契約を結んだ本当の理由

ライブリッジの9月のセミナーはこちら。

【クライアント本人登場型セミナー】
私が相続コンサルティング契約を結んだ本当の理由

Zoom受講可能なセミナーです。
詳しくはこちらをご覧ください。

ライブリッジ主催 各種セミナー・講座のご案内

ライブリッジでは、あなたの相続ビジネスの段階に応じて選んで参加できる 各種セミナーや講座を開催しています。
ライブリッジ主催の各種セミナー情報はこちらをご覧ください。


ライブリッジのLINEアカウントの登録はお済みですか?

今後セミナーや勉強会、相続ビジネスに関する役に立つ話しなど、各種情報をお届けします!

LINEのお友達限定シークレットセミナーなども開催していきますので、まだ登録していない方は是非登録してください!

友だち追加

この記事を書いた人

ライブリッジ 代表 川口宗治

1973年富山県生まれ。
25歳から39歳まで14年間外資系生命保険会社でセールスとマネジメントに携わる。
2013年、40歳で独立し、ライブリッジ開業。
現在は「相続ビジネス成功プロデューサー」として相続ビジネスで成果をあげたい事業者にじわじわと確実に効果の上がる各種プログラムを提供している。
特に社員5人未満のスモールビジネスの方へのサポートが得意。
趣味はスキンケア、好きな飲み物はwhisky。