まだ知り合いに無理な売り込みして消耗してるの?

むねお所長
むねお所長
『 相続ビジネスはマーケティングでうまくいく!』

相続マーケティング研究所 むねお所長こと、
株式会社ライブリッジ 代表の川口宗治
です。

相続パーソンのあなたは、
知人に相続関連商品をセールスしますか?
私は現在はしていませんが、
相続コンサルタントとして独立した2013年当初は、
盛大に知人にセールスをしていました。
セールスしようとしていた商品は
「相続コンサルティング:6ヶ月30万円(+消費税)」
です。
当時の私は電話でアポイントをとり、
カフェやファミレスで待ち合わせをし、
相続対策の必要性を語り、
クロージングをしていました。
しかし、成果はさっぱり上がりませんでした。
その上、
知人に嫌われるのではないか?
次に電話でアポイントをとる知人から
「◯◯さんから聞いたよ、なんか売り込まれるのは勘弁してよね」
と言われるのではないか?
という心配を、常に心に抱えていました。
独立後しばらくして、私はマーケティングの学びをはじめました。
マーケティングを学び、仕組みを構築してからは、
知人へのセールスは一切しなくなりました。
あなたはどうですか?

知人にセールスするかしないか?

そもそも、「知人にセールスする」というスタイルは、
私が25歳の時、1999年に生命保険業界にジョインした時のお約束・テッパンのスタイルでした。

その当時も同じように

「友達がいなくなるんじゃないか?」

という恐怖に苛まれながらも、
アポイントに応じてくれた知人がたくさん保険に入ってくれました。

そう、生命保険という商品は知人にセールスをしても上手くいく業界であり、商品なのです。

では相続業界はどうでしょう?

知人にセールスして上手くいく業界・商品だと思いますか?

知人にセールスしてもうまくいかない

ズバリ言います。
相続の分野は、

「知人にセールスしても上手くいかない業界であり、商品です」

以下、その理由をまとめます。

知人にセールスしても上手くいかない理由

あなたが知人にセールスしても上手くいかないのは、
これらの理由に夜ものです。<1>あなたの知人は今は相続対策に関心がない
<2>そもそも「相続対策」が何なのかがわからない
<3>あなたが知人に相続の専門家だと十分に認知されていない
<4>相続というデリケートな問題は、知人には話にくいため、
むしろ見ず知らずの人に相談したいと思っている
このような理由で、
相続ビジネスは知人にセールスしてもなかなか上手くいかないのです。

見ず知らずの人にサービス提供するには

知人にセールスしないなら、
どうやって売り上げを上げていけばいいのでしょうか?
その答えは実にシンプルです。
「見ず知らずの人にサービス提供をする」
ということです。
といっても、
何も闇雲にセールスする必要はありません。
また最寄りのターミナル駅で毎日毎日
「相続コンサルティングいかがですか〜」
「6ヶ月33万円ですよ〜」
とビラやチラシを配る必要もありません。
必要なのは、
「相続で困っている人に見つけてもらう仕組み作り」
「気に入ってもらう仕組み作り」
「好きになってもらう仕組み作り」
「信頼してもらえる仕組み作り」
「この人にお願いしよう、と決断してもらえる仕組み作り」
そのような仕組みを作ることが必要です。
関心のない人を呼び出して、
「あなたにはこの商品が必要なんです!」
と説得して、
クロージングして売る。
なーんてことは、
生命保険や高級布団、ネットワークビジネスなどのセールスマンの仕事であり、
相続コンサルタントの仕事ではないのです。

そろそろ肚(はら)をくくれ

相続コンサルタンととして、
クライアントに選ばれる仕組みを作る。
それはまさに
「相続マーケティングの仕組みを構築すること」
に他なりません。
いつまで知人に売り込みをして消耗するんですか?
あなたが本気なら、
そろそろ肚をくくって仕組み構築を学ぶことをお勧めします。

ライブリッジからのお知らせ①

情報発信について学びたい、という相続パーソンのために、

ライブリッジでは7月24日(土)に

 

「相続パーソンのための『情報発信力』強化セミナー」

 

を開催します。

 

 

 

 

関心のある方は詳細ページをご覧ください。

 

相続パーソンのための『情報発信力」強化セミナー」

 

※このセミナーは定員制となっていますので、関心のある方はお早めにお申し込みください。

 

ライブリッジからのお知らせ②

知っていましたか?

相続ビジネスで成果を上げるには「言語化」が何よりも重要だということを。

あなたの相続ビジネスがうまくいっていないとしたら、

あなたに価値がないのではありません。

あなたが自分の価値を正しくクライアントに伝える術を持っていないだけです。

クライアントの相続問題の助けになろうとする誠実な相続パーソンに、

価値のない人などいません。

しかし、せっかくの価値をクライアントに伝えることができないために、

成果を上げることができずに苦しんでいる相続パーソンがたくさんいます。

ライブリッジでは7月29日(木)に

 

「相続ビジネス『徹底言語化』1DAYワークショップ」

 

を開催します。

 

 

 

 

関心のある方は詳細ページをご覧ください。

 

「相続ビジネス『徹底言語化』1DAYワークショップ」

 

 

※このセミナーは定員制となっていますので、関心のある方はお早めにお申し込みください。

この記事を書いた人

川口 宗治

株式会社ライブリッジ代表取締役。
1973年富山県生まれ。
25歳から39歳まで14年間外資系生命保険会社で
セールスとマネジメントに携わる。
2013年、40歳で独立し、ライブリッジ開業。
現在は「相続マーケティング研究所 むねお所長」
として相続ビジネスで成果をあげたい事業者に、
じわじわと確実に効果の上がる各種プログラムを提供している。
特に社員5人未満のスモールビジネスの方へのサポートが得意。
18歳からアメフトを始め、44歳までの27年間現役を続行。
趣味は焚火、スキンケア、カメラ。好きな飲み物はwhisky。