【2022年 相続業界に起きる3つのトレンド】

むねお所長
むねお所長
『 相続ビジネスはマーケティングでうまくいく!』

相続マーケティング研究所 むねお所長こと、
株式会社ライブリッジ 代表の川口宗治
です。

あけましておめでとうございます。

本日は2022年1月3日。
今年最初のブログ記事です。

今年もライブリッジ、並びに相続マーケティング研究所、
では相続マーケティングに特化したブログなどを通して、
あなたの相続ビジネスがより良くなるような情報を提供していきます。
今年もぜひお付き合いくださいね。

さて、今日のブログは今年相続業界に起きるトレンドについてお話しします。

【2022年 相続業界に起きる3つのトレンド】

今年2022年、相続業界に起きるトレンドはこの3つ。

①専門性に特化した相続コンサルタントの増加

②相続特化型ウェブサイト=「相続オウンドメディア」を保有する相続パーソンの増加

③相続パーソンに「相続マーケティング」の普及が進む

です。
一つずつ解説していきますね。

①専門性に特化した相続コンサルタントの増加

・ドクター専門の相続コンサルタント
・障がいを持つ家族がいる人専門の相続コンサルタント
・教員専門の相続コンサルタント
・2代目経営者専門の相続コンサルタント

など、専門特化した相続コンサルタントが増えてくるでしょう。

例えば、昨年は「ドクター専門の相続コンサルタント」が誕生しました。

ドクター専門の不動産コンサルティング会社である株式会社東京ミライズが、
相続コンサルティング部門を新規に立ち上げ、
ドクター相続®️」というコンセプトで業務を開始しました。

このドクター相続®️という言葉は東京ミライズが商標登録しています。
ドクター×相続というビッグコンセプトで、
ドクター、特に開業医に向けて相続コンサルティング事業を展開する、というプランが既に動き出しています。

昨年末には「ドクター 相続」でグーグル検索が既に第1位となっており、
相続業界でとても注目されています。

このように、専門性を打ち出していく相続コンサルタントがこれからかなり増えてくることが予想されます。

②相続特化型ウェブサイト=「相続オウンドメディア」
を保有する相続パーソンの増加

保険や不動産、FP業など、今すでにあるHPにページ追加して
「相続コンサルタント始めました」とやるよりも、

相続特化型のHPを作る方がクライアントに見つけられやすく、信頼されやすいのです。
そしてただHPを作るだけではなく、そのページを

「オウンドメディア」

として運用し、あなた独自の情報発信基地として構築していくこと。
これこそがクライアントに選ばれる相続コンサルタントになる、急がば回れの近道なんです。

相続マーケティング研究所では、
相続特化型ウェブサイト=「相続オウンドメディア」の構築のお手伝いもしています。
昨年2021年はたくさんの相続パーソンのオウンドメディアの制作と運用サポートをさせていただきました。

この流れは今年さらに加速します。
相続特化型のウェブサイトを持っていることが、
これからの相続パーソンがクライアントから選ばれるための条件になってきます。

まだ相続特化型のウェブサイトを持っていない方は、
一刻も早く持つことを検討してください。

相続特化型のウェブサイトを作る時には、

①クライアントの心に刺さるウェブサイトの制作
②ウェブサイトの定期的、かつ継続的な運用

という2つのハードルがあります。

相続特化型のウェブサイトを作りたい、そして定期的に継続的に運用したいという場合は、
こちらのリンクよりむねお所長にお問い合わせくださいね。

<お問い合わせフォーム>
https://libridge.biz/otoiawase/

③相続パーソンに「相続マーケティング」の普及が進む

昨年、2021年は相続マーケティングという言葉を明確に言語化し、商標登録され、
多くの相続パーソンがそのコンセプトに注目した年でした。

今年2022年は、昨年にも増して相続マーケティングを真剣に学ぶ相続パーソンが増えそうです。

相続マーケティングを学ぶと、無理な営業活動を一切しなくても、
あなたを必要としてくれるクライアントから自然と問い合わせが入るようになります。

「相続のことちゃんと考えてますか?」
「遺言書を書いておかないと大変なことになりますよ」

と、知り合いに声をかけて説得して受注する、
いわゆる「プッシュ型受注スタイル」ではもう無理です。
これからは

「ウェイティング型受注スタイル」

の仕組みを作りましょう。

あなたがその仕組みを作りたいなら、
選ばれる相続コンサルタント養成講座の受講をお勧めします。

講座の内容や受講料に関心がある方は、

まずは選ばれる相続コンサルタント養成講座:体験会にご参加くださいね。

<選ばれる相続コンサルタント養成講座:体験会>
http://libridge.info/erakontaikenmonthly/

まとめ

今日は2022年の相続業界で起きるトレンドを3つご説明しました。
あなたもこの潮流に乗り遅れることなく、しっかり取り組んでくださいね。

相続マーケティング研究所では、
2022年も相続ビジネスに効く有益な情報をお届けし、
あなたの相続ビジネスの発展をサポートいたします。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ライブリッジからのお知らせ①

相続ビジネスで成果が上がらないとしたら、
あなたの相続ビジネスに価値がないのではありません。
あなたのサービスの価値がクライアントに

「伝わっていないだけ」

です。
あなたの相続ビジネスの「言語化」を進め、
相続ビジネスを進めたいならば、
どうぞこのワークショップにご参加ください。
詳細はこちらからどうぞ。
↓↓↓↓↓↓

【相続ビジネス徹底言語化1DAYワークショップ】開催のお知らせ

ライブリッジからのお知らせ②

相続の仕事で無理な売り込みをせずに顧客に選ばれる力を手に入れたい人を対象に、
株式会社ライブリッジでは
選ばれる相続コンサルタント養成講座
を開催しています。

現在は2022年1月に開講する【第19期選ばれる相続コンサルタント養成講座】の募集期間中です。
関心のある方は体験会へのご参加をオススメします。
詳細はこちらからどうぞ。
↓↓↓↓↓↓

【選ばれる相続コンサルタント養成講座:体験会】開催のお知らせ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: WP-13-1.png

この記事を書いた人

川口 宗治

株式会社ライブリッジ代表取締役。
1973年富山県生まれ。
25歳から39歳まで14年間外資系生命保険会社で
セールスとマネジメントに携わる。
2013年、40歳で独立し、ライブリッジ開業。
現在は「相続マーケティング研究所 むねお所長」
として相続ビジネスで成果をあげたい事業者に、
じわじわと確実に効果の上がる各種プログラムを提供している。
特に社員5人未満のスモールビジネスの方へのサポートが得意。
18歳からアメフトを始め、44歳までの27年間現役を続行。
趣味は焚火、スキンケア、カメラ。好きな飲み物はwhisky。