同業者とケンカしない方法

むねお所長
むねお所長
『 相続ビジネスはマーケティングでうまくいく!』

相続マーケティング研究所 むねお所長こと、
株式会社ライブリッジ 代表の川口宗治
です。

あなたの周りにいる同業者を想像してみてください。

いつも誰かとケンカしている人はいませんか?
あるいは、常に誰かをディスったり攻撃したりしている人はいませんか?

誰かとケンカしたり、誰かをディスったりしている人がいたら、
その人に考えられる症状は「マーケティング不足」です。

できることなら誰かとケンカすることなく、クライアントに貢献することだけを考えてビジネスをやっていきたいですよね。

今日は同業者とケンカせずにビジネスを進める方法についてお伝えします。

同業者とケンカしてしまう人は・・・

誰かとケンカしたり、誰かをディスったりしている人に足りないのはマーケティング力です。

具体的に言うと、自分自身の役割や自社のサービスについての定義づけ、貢献すべき顧客象の絞り込みが甘いから、他の誰かのことを気にしてしまうのです。

自分のビジネスが誰のために存在しているか。
誰のどんな悩みを救うためのビジネスか。

それがハッキリしていないから、
周りの人に自分の見込客を取られたくないのです。

世の中の全ての人を自分の顧客にしたい、と真剣に考えているのです。
だから、同業者を「自分の顧客を奪う人=ライバル」と見てしまうんですね。

このような姿勢でやるビジネスは辛く、大変で、長続きしないビジネスです。
同業者とケンカしないコツ、それは

「同業者はライバルではなく仲間だ」

と考えることです。
ではどうすれば同業者を仲間と捉えることができるのでしょうか?

同業者を仲間と捉えるには

同業者を仲間と捉えるには、
まずはあなたの事業を徹底的に定義づけることが必要です。

・あなたの事業が取り扱うサービスは、どんな価値を持っていますか?

・あなたの事業は誰のためにある事業ですか?

・あなたの事業は誰のどんな悩みを解消するものですか?

・あなたが人生を賭けてその事業を行うのは何故ですか?

このような問いの一つひとつに自ら納得感が高い言葉で答えを出すことが、
あなたの事業を徹底的に定義づけることになります。

その取り組みを通して、
あなたの事業は他と大きく差別化され、
あなたの存在と役割は唯一無二のものになります。

誰かと比べる必要のない境地に入るのです。

誰かと比べる必要がないので、同じ志で同じ領域で仕事をしている人のことを、ライバルではなく仲間と捉えることができるのです。

無為な戦いを避けることは経営の要諦

スモールビジネスである私たちにとって最高の戦略、それは
「戦わずに勝つ」

です。
誰彼構わずライバル視する必要など、本来は全くないのです。

そのためには、自分の役割や立ち位置をハッキリさせることです。

自分の役割や立ち位置がぼんやりしていると、周り中みんなライバルに見えてしまうのです。

例えばこんな感じです。

ある2人のフォトグラファーがいます。

Aさんは「どんな人でも撮ります!」というタイプ。

Bさんは「経営者専門フォトグラファー」と自分の役割とクライアントを明確に定義づけしています。

2人の前にある見込客Cさんがやってきました。

Cさんは会社経営者でした。

会社経営者であるCさんは、
フォトグラファーAさんとBさん、どちらに写真の仕事を依頼するでしょう?

言うまでもなく、「経営者専門」と謳っているBさんを指名しますよね。

誰の仕事でも受ける、と言うのは、
世の中のフォトグラファー全てをライバルにすることにつながるばかりでなく、
その結果誰からも選ばれない、という悲しい結末を迎えます。

一方、「◯◯専門」という絞り込みは、
それが細かければ細かいほど、
条件に合っている人からの直接指名をもらいやすくなるのです。

これが、無為な戦いを避ける経営です。

まとめ

自分の事業領域をしっかりと定義づけているか、それとも定義づけていないか?

このわずかな違いによって、
あなたの事業はいつも誰かとケンカしながら疲弊するビジネスにもなれば、
青い海を悠々と進むような落ち着いたビジネスにもなります。

無為な戦いをせず、戦わずに勝つ戦略であなたのビジネスを創り込んでくださいね。

追伸

あなたは相続パーソンが士業の顧問契約と差別化して顧問契約を獲得することができると思いますか?

答えはYESです。

むねお所長は、相続ビジネスに真摯に取り組んでいるあなたに

「相続・事業承継顧問サービス」

という価値あるサービスを提供し高い報酬を得てもらいたいと心から思っています。
そこでこの度、

・個人や法人のクライアントとの【相続・事業承継の顧問契約】を商品化したい。

・顧問契約受任のための考え方や商談の進め方を知りたい。

・顧問契約を定期的に獲得できるように受任力をアップしたい。

と望んでいる相続パーソンにはピッタリの「2日間の合宿形式の勉強会」を開催することが決まりました。

【2022年顧問契約受任力強化合宿】のお知らせ

来たる4月28日(木)&4月29日(祝)に、

「2022年顧問契約受任力強化合宿」

を開催します。

富山&Zoomのハイブリッド開催です。

メルマガ読者の方には特別な早期割引価格をご用意していますので、
動画や詳細ページをご覧いただき、お早めに参加をご検討ください。

※早期割引価格は4月19日(火)23:59で終了しました。
※この合宿は定員制となっています。
※メルマガ登録がまだの方はこちらから登録してください。

■2022年顧問契約受任力強化合宿のお知らせ動画
※メルマガ読者の方への特別なご案内があります。
(約10分程度の動画です)
↓↓↓↓↓↓


■この合宿の内容について

詳細ページはこちらです。
↓↓↓↓↓↓

http://libridge.info/komongassyukutoyama2022/

■参加申込方法

こちらのフォームよりお願いいたします。


※この合宿の詳細について知りたい方はこちらよりお問い合わせください。

ライブリッジからのお知らせ

相続パーソンがクライアントの相続のサポートをしようと思ったら、
ひとりで全てを解決することはできません。

国家資格を持って活動している士業であっても、
国家資格を持たない保険、不動産、FPなどの立場であっても、
事情は同じです。

クライアントの悩みに寄り添い、課題を解決するお手伝いがしたいなら、
相続の専門家と連携はとても重要です。

プロとして相続の仕事をしていきくことを考えたら、
専門家とのチームビルディングは必須なものとなります。

専門家とのチームビルディングに関心がある相続パーソンの方には、
とても有益な機会になることと思いますので、

どうぞこの機会にセミナーに参加してください。
↓↓↓↓↓↓

相続パーソンのための
専門家とのチームビルディングのポイントセミナー

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: WP-13-1.png

この記事を書いた人

川口 宗治

株式会社ライブリッジ代表取締役。
1973年富山県生まれ。
25歳から39歳まで14年間外資系生命保険会社で
セールスとマネジメントに携わる。
2013年、40歳で独立し、ライブリッジ開業。
現在は「相続マーケティング研究所 むねお所長」
として相続ビジネスで成果をあげたい事業者に、
じわじわと確実に効果の上がる各種プログラムを提供している。
特に社員5人未満のスモールビジネスの方へのサポートが得意。
18歳からアメフトを始め、44歳までの27年間現役を続行。
趣味は焚火、スキンケア、カメラ。好きな飲み物はwhisky。