相続マーケティング®️の本質は「心理学」

むねお所長
むねお所長
“ 相続ビジネスはマーケティングでうまくいく!”

『相続マーケティング研究所』むねお所長こと、
株式会社ライブリッジ 代表の川口宗治
です。

むねお所長は日々、相続マーケティング®︎についての情報発信をしています。

毎日のようにYouTubeやメルマガ、ブログ、Facebookなどで情報発信していますが、

たまにこのように言われることがあるんです。

「相続マーケティング®︎・相続マーケティング®︎って、むねお所長はそんなに売り上げが欲しいの?」

「むねお所長はお金に魂を売ったんだね」

このような意見を聞いたら、私はどのような対応をすると思いますか?

答えは

「カチムシ(=完全無視、という意味の富山弁)」

です。

何故「完全無視」をするのか、その理由は最後にお話しするとして、

今日は多くの人が理解していない

「相続マーケティング®︎の本質」についてお話ししますね。

相続マーケティング®︎はこれからの経営者の必須科目

「相続マーケティング®︎とか小難しいテクニックの勉強なんかするよりも、
目の前のお客様に誠実にいい仕事をすれば、
必ず事業が好転するものだよ」
私はときにこのような言葉をかけられることがあります。
その言葉を言った相続パーソンが経営者だったら、
「あぁ、この人はマーケティングが経営者の必須科目になることを理解していないんだな」
と思ってしまいます。
と同時に、
「この人の会社は長く持たないかもしれないな・・・」
とも思います。
「目の前のお客様に誠実にいい仕事をすれば事業が好転する」
残念ながらこれはファンタジーです。
というか、目の前のお客様に誠実にいい仕事をする気持ちがない相続パーソンなんていませんよね。
相続マーケティング®︎を学ぶことは楽して稼ぐことと勘違いしている人がまだまだ多いんですね。
相続マーケティング®︎を学ぶことと目の前のお客様に誠実にいい仕事をすることを同列で語るなんて、
ナンセンス甚だしいと思いませんか?
経営者だったら、目の前のお客様に誠実にいい仕事をするのは当然として、
事業を継続していくための取り組み、仕組み作りのためにも、
相続マーケティング®︎は必須科目になることを、
多くの相続パーソンに早く知って欲しいものです。
(このブログを読んでいるあなたはもうとっくに知っていますよね)

相続マーケティング®︎はテクニックでもスキルでもない

そもそも、相続マーケティング®︎とはテクニックではありません。

スキルでもありません。

確かに、私たちが相続マーケティング®︎を進めていく際、私たちのアクションに焦点を当てるなら、

それはテクニックやスキルに見えるかもしれません。

しかし、私たちが相続マーケティング®︎を進めていくときには、

「クライアントに焦点を当てる」

ということが大前提となります。

クライアントが夜も眠れないほど悩んでいることは何か?

クライアントが気付いていない大切なことは何か?

どうすればクライアントがその家族と気持ちを共有できるのか?

クライアントにどのように安心と安全を届けるか?

クライアントが私たちに相談に来る理由は何か?

クライアントの本当の心の声は何か?

クライアントの気持ちに寄り添うところからしか、相続マーケティング®︎はスタートしないのです。

マーケティングの本質は「心理学」

クライアントの気持ちに寄り添うところからしか、相続マーケティング®︎はスタートしません。

だから、相続マーケティング®︎はテクニックでもスキルでもなく、心理学なのです。

私たちがクライアントに選ばれるために必要なことは、

クライアントの気持ちに焦点を当てること。

決して

「毎朝6時にFacebookに投稿しましょう!」

みたいな話ではないんです。

クライアントを知り、

クライアントの関心ごとに心を寄せ、

クライアントを大切にし、

クライアントに敬意を抱くことなのです。

人間の行動を理解すること。

そのために、人間の心理を理解すること。

それこそが、相続マーケティング®️の本質なのだということを、

このブログの読者には知っておいてもらいたくてこの文章を書きました。

最後に

「マーケティングマーケティングって、むねお所長はそんなに売り上げが欲しいの?」

 

「むねお所長はお金に魂を売ったんだね」

このように言われたときに、むねお所長は「完全無視」をすることにしている、

という話を冒頭にしましたが、

約束通り、その2つの理由についてお話しします。

一つ目の理由は、今日のブログで書いた通り、

批判をする人はマーケティングの本質を全く解っていないから。

そんな人と議論しても時間の無駄です。

二つ目の理由は、

他人を批判する人は、心の奥ではその人のことが羨ましい、と思っているから。

これも心理学を学ぶとよくわかるのですが、

誰かを批判するときに、その人の心の中にあるのは、

「本当は自分がそうなりたいのになれていない」

という羨望の気持ちがあります。

自分が否定されたように感じているのです。

自分を肯定するためには、他者を否定するのが人間です。

だから、誰かを批判するのです。

それを知ったら、批判されたときに腹立たしさよりも

「ああ、この人は苦しんでいるんだな」

という気持ちで受け入れることができるようになりました。

誰かに批判されたときにはこの言葉を思い出してください。

心が軽くなりますよ。

ライブリッジからのお知らせ

相続ビジネスのビジネスモデルについて学びたい、という相続パーソンのために、

ライブリッジでは2021年6月に

 

「相続パーソンのためのビジネスモデル丸わかりセミナー」

 

を開催します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関心のある方は詳細ページをご覧ください。

 

相続パーソンのための「ビジネスモデル丸わかりセミナー」

 

※このセミナーは定員制となっていますので、関心のある方はお早めにお申し込みください。

この記事を書いた人

川口 宗治

株式会社ライブリッジ代表取締役。
1973年富山県生まれ。
25歳から39歳まで14年間外資系生命保険会社で
セールスとマネジメントに携わる。
2013年、40歳で独立し、ライブリッジ開業。
現在は「相続マーケティング研究所 むねお所長」
として相続ビジネスで成果をあげたい事業者に、
じわじわと確実に効果の上がる各種プログラムを提供している。
特に社員5人未満のスモールビジネスの方へのサポートが得意。
18歳からアメフトを始め、44歳までの27年間現役を続行。
趣味は焚火、スキンケア、カメラ。好きな飲み物はwhisky。