お客様の声を聞く真のメリット3選【2】

むねお所長
むねお所長
『 相続ビジネスはマーケティングでうまくいく!』

相続マーケティング研究所 むねお所長こと、
株式会社ライブリッジ 代表の川口宗治
です。

あなたは「お客様の声」をちゃんと聞いていますか?
「お客様の声」を聞くことはビジネスにとって非常に大切です。
先日投稿した

お客様の声を聞く真のメリット3選【1】

という記事をまだ読んでいない方は、どうぞリンク先をご覧ください。

「お客様の声」をちゃんと聞くこと、そして定期的に聞くことは、
あなたの相続ビジネスをより良く、より速く進めることにつながります。

「お客様の声」を聞くことが大切だ、ということはわかっている人は多いものの、
その本当のメリット、自社にもたらしてくれるベネフィットについてしっかり理解できている人はあまり多くないかもしれません。

今日は、

「お客様の声を聞く」

ことの本質的なメリット3選のうち②についてお伝えしましょう。

【メリットその2】
顧客目線で自社の強みを知ることができる

お客様の声を聞く真のメリットその2は

顧客目線で自社の強みを知ることができる

というものです。
私たちが提供するサービスや商品が何であれ、
顧客がお金を払って自社のサービスにお金を支払ってくれた理由は、
顧客に聞いてみないとわかりません。

いくらあなたが

「この商品は最高のクオリティだから選ばれている」

と強く信じていても、あるクライアントに

「なぜ弊社の商品やサービスを選んだのですか?」

と聞いた時に、

「近所だったからです」

「急いでいて他の選択肢を考える時間がなかったからです」

など、あなたが設定した「自社が選ばれる理由」とは違う理由が出てくることは非常に多いものです。

顧客が100人いたら100通りの「それを選んだ理由」があるのです。

誰にでもある「死角」

どんな人にも死角があります。
いくら気を付けていても、人間の身体の構造上、絶対に見えないところはあるのです。

例えば、あなたは自分の後頭部のつむじの部分が見えますか?
自分の鼻と上唇の間にホクロがいくつあるか数えることができますか?

自分では見えない部分が必ずあるのです。
鼻の下のホクロの数を数えるときに一番手っ取り早いのは、誰かにこう聞くことです。

「僕の鼻の下にホクロはいくつありますか?」

同じことは脳の構造についても言えます。
私たちは自分自身では気づけない何かが必ずあります。

自分で自社の強みをいくら考えても、
ある一定部分しか見えていないものです。
自分たちだけでは見えない何かが必ずあるのです。

それを知るための1番の近道が

誰かに聞く

ということなのです。

顧客目線の強みを知ると起きること

お客様の声を聞き、顧客目線で自社の強みを知った多くの人がいうセリフがあります。
それが

「え、そこですか!」

顧客目線で見たあなたの強みは、
得てして自分では強みと思っていなかった部分であるケースが
非常に多いのです。

その結果、
「そんなところが強みだとは思いもしませんでした」
となるのです。
そして口をついて出る言葉が

「え、そこですか!」

なのです。

この貴重な意見を取り入れて、自社の商品やサービスを改良していったら必ず起きることがあります。

顧客目線で見た自社の強みを際立たせていくと

「なんで私の困ってることがそんなにわかるんですか?」

という顧客の感想が増え始めます。
このような声が増えてくると、あなたの事業はいよいよスピードとボリュームがアップします。

【メリットその3】秀逸な情報発信コンテンツとなる

については次の記事をお待ちください。

ライブリッジからのお知らせ①

あなたは家族会議支援について知りたくはありませんか?

ライブリッジでは2021年9月に、
家族会議支援®︎について徹底的に解説するセミナーを開催します。

家族会議支援は、
これからの相続パーソンにとって
知っておかなければならない考え方です。

クライアントへの貢献を最大化したい相続パーソンの方は、
リンク先をご一読のうえセミナーにご参加ください。

【家族会議支援徹®️底解説セミナー】開催のお知らせ

※このセミナーは定員制となっていますので、関心のある方はお早めにお申し込みください。
(すでに多数の参加申込が入っていますので本当にお早めに)

ライブリッジからのお知らせ②

神戸の相続コンサルタント・松本恵さんとむねお所長が毎月やっている、
相続ビジネスの超・実践的な勉強会

相続ビジネス売上アップ実践ラボ

をご存知ですか?

この勉強会は、相続パーソンであれば誰でも参加可能です。
相続ビジネスで売上をあげたいなら、
どうぞご参加ください。

詳細・申込はこちらからどうぞ。
↓↓↓↓↓↓

【2021年10月度】相続ビジネス売上アップ実践ラボのご案内

この記事を書いた人

川口 宗治

株式会社ライブリッジ代表取締役。
1973年富山県生まれ。
25歳から39歳まで14年間外資系生命保険会社で
セールスとマネジメントに携わる。
2013年、40歳で独立し、ライブリッジ開業。
現在は「相続マーケティング研究所 むねお所長」
として相続ビジネスで成果をあげたい事業者に、
じわじわと確実に効果の上がる各種プログラムを提供している。
特に社員5人未満のスモールビジネスの方へのサポートが得意。
18歳からアメフトを始め、44歳までの27年間現役を続行。
趣味は焚火、スキンケア、カメラ。好きな飲み物はwhisky。