情報発信は目立つのが目的じゃないという話

むねお所長
むねお所長
『 相続ビジネスはマーケティングでうまくいく!』

相続マーケティング研究所 むねお所長こと、
株式会社ライブリッジ 代表の川口宗治
です。

あなたが相続の専門家であるということを誰かに知ってもらうためには、
情報発信をしなければなりません。

あなたがどんなに専門家としての能力があっても、
クライアントにとって最適なプロフェッショナルだとしても、

あなたが相続の専門家だという事実が伝わっていなければ、
クライアントがあなたのことを見つけ出すことはできません。

また、定期的で継続的な情報発信をしていなければ、
あなたのことを知ったクライアントに
「この人は信頼できる人だ」
「この人に依頼したい」
と思ってもらうことは難しいでしょう。

だからこそ情報発信は私たち相続パーソンにとって非常に重要なのですが、
情報発信が苦手だという人はとても多いですよね。

それにしてもなぜこんなにたくさん情報発信が苦手な相続パーソンがいるんだろう?
と考えていたむねお所長。
するととても多くの相続パーソンが共通して「ある勘違い」をしていることがわかりました。

この勘違いに気づくことができたら、
情報発信に対する苦手意識がなくなります。

この記事では「情報発信が苦手だ」という人に向けて、
情報発信をする際に必要な考え方、マインドセットについてお伝えします。

情報発信の勘違い

情報発信が苦手だという人の多くが口にすること。
それは

「目立つのが嫌なんですよね・・・」

という言葉です。
本当に多くの相続パーソンがこう言うのです。
つまりこれは

「情報発信=目立つこと」

と考えている相続パーソンが非常に多いことを意味します。

もしかしたらこの文章を読んでいるあなたもそう感じているかもしれません。
しかしむねお所長がハッキリいいます。

情報発信とは目立つことが目的ではありません。
情報発信するからには目立たなければいけない、というのは大いなる勘違いなのです。

あなたが勘違いした理由

なぜあなたは「目立たなければ情報発信にあらず」という勘違いをしてしまったのでしょうか?
その理由はきっと、世の中に間違った情報発信をしている人が多いからです。

あなたの知り合いでFacebookやInstagram、Twitterなどでキラキラした投稿を繰り返している人のことを想像してみてください。
毎日のようにSNSで

「今度これをやります!」
「こんな仲間ができました!」
「毎日ワクワクしますね!」

などという投稿をしている人がいますが、
一見キラキラしている風に見えても実態は中身を伴っていないことがほとんどです。

中身を伴っていないのにキラキラな投稿を繰り返すという行為は
情報を発信しているのではなく自己顕示欲を満たしているだけだということを理解しましょう。

情報発信の真の目的とは

情報発信の目的が目立つことではないとしたら、
情報発信の真の目的とは何だと思いますか?

情報発信の真の目的、それは

「必要な人に必要な情報を届けること」

です。
その情報が役に立たない人にまで届ける必要はありません。
本当にあなたの情報が必要な人に届いていればそれでいいのです。

そして正しい情報発信をするにあたって、目立つ必要はありません。
目立たなくてもいいから、役に立つ情報をコツコツと発信してください。
その情報発信は、定期的に、継続的にやりましょう。

コツコツと情報発信し続けて行くことで、
あなたの情報が本当に必要な人があなたのことを見つけたときに、

「この人のことは今日初めて知ったけど、
ずいぶん以前から専門家として誠実に活動している人なんだな」

という気持ちになり、あなたのことを信頼し、
結果的にあなたを問題解決のパートナーとして指名するのです。

まとめ

相続ビジネスで情報発信をするときに、
目立つ必要は全くありません。

目立たなくてもコツコツと情報を発信していくことで、
あなたは誰かに見つけられ、信頼され、指名される仕組みを作ることができます。

中身がないのに目立っている人は長続きしない。
コツコツと継続する人が、長く活躍できる人なのです。

ライブリッジからのお知らせ

※このセミナーは相続マーケティング研究所むねお所長のメルマガに登録している人は無料で参加できます。

あなたは自分の相続ビジネスについて、

どんな情報発信をしていますか?

ニュースレター?
Facebook?
Instagram?
その他のSNS?
ブログ?

様々な情報発信の手段がありますが、

その中でも今、改めて「ブログ」が注目されています。

「顧客獲得型ブログ構築法」

に特化したセミナーを開催しますので、

これからブログを始めたい方、

今やっているブログを「顧客獲得型」に進化させたい方は

そうぞご参加ください。

詳細・申込はこちらからどうぞ。
↓↓↓↓↓↓

※このセミナーは相続マーケティング研究所むねお所長のメルマガに登録している人は無料で参加できます。
まだメルマガ登録していない人はこちらからどうぞ。
↓↓↓↓↓↓

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: WP-13-1.png

この記事を書いた人

川口 宗治

株式会社ライブリッジ代表取締役。
1973年富山県生まれ。
25歳から39歳まで14年間外資系生命保険会社で
セールスとマネジメントに携わる。
2013年、40歳で独立し、ライブリッジ開業。
現在は「相続マーケティング研究所 むねお所長」
として相続ビジネスで成果をあげたい事業者に、
じわじわと確実に効果の上がる各種プログラムを提供している。
特に社員5人未満のスモールビジネスの方へのサポートが得意。
18歳からアメフトを始め、44歳までの27年間現役を続行。
趣味は焚火、スキンケア、カメラ。好きな飲み物はwhisky。